テーマ:UFO

自衛隊パイロットが遭遇したUFO

 「実録自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」( 佐藤 守 著/講談社 刊)という本が、おいてありました。なんでも、”「UFOは確実に存在する!」11人の現役・OB自衛官の証言”ということで、おやおや、ついに自衛隊も何か公開するのかと思ったら、少し様子が違っていました。  著者は、 ”防衛大航空工学科卒(第7期)。航空自衛隊に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渦巻き光線

 「ムー 2月号」(学習研究社 刊)を見ると、何やら、蒼い渦巻き状の光が映っていました。何でも、ノルウエーに現れた怪光現象ということで、何だこの鮮やかな青い光は、と思って読んで行ったら、結局は、ロシアのミサイル発射の失敗だということになったようで、な~ンだと思ってしまいました。  でも、ミサイルの発射に失敗して、何で、こんな青い渦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一大きなUFO

 「ムー 12月号」(学習研究社 刊)を見たら、グラビアページに『日本一大きなUFO』とあるので、記事を読んでみましたが、何を言わんとしているのか、よくわかりませんでした。  何でも、埼玉県の幸手市でアビンという美容室の経営者の方が、2009年1月6日に、家族旅行に行き、福島県双葉郡大熊町熊川河口付近で白鳥をビデオ撮影し、後でビデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国防省がUFO目撃情報を公表

 英国国防省が、UFO目撃の詳細を公開したという記事が流れていました。  早速、英国国防章のHPに行ってみましたが、どの記事かわからないので、検索してみたら、UFO Reports 2008というページがあり、1997年から2008年までの各年の目撃情報が年ごとにPDFファイルで公開されていました。  Date, T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラリオンからの伝言

 気になっていたのですが、クラリオン星人の顔写真が載っている「クラリオンからの伝言」(マオリッツオ カヴァーロ , 浅川 嘉富 著/徳間書店 刊)を手にとって見ました。  クラリオン星の音楽CGが表表紙の裏についていました。残念ながら、試聴ができません。  マオリッツオ カヴァーロというイタリア人の人が、1981年にクラリオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領就任演説に飛来するUFO

 「週刊大衆ミステリー増刊 奇談」がコンビニの雑誌コーナーに入ってきていたので表紙を見ると『UFOは飛んで行く』というタイトルだったので、ページをめくってみました。  やはり、トップは、オバマ大統領の就任演説の際のCNNの映像にUFOが飛んでいるという記事でした。6月号の「ムー」も取り上げており、YouTubeでも様々なビデオが見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく復活

 昨年、メール、WEB用のメインのコンピュータがダウンし、さまざまな、IDを消失してしまいました。  ご多分に漏れず、このブログのIDなどもすっかり分からなくなり、復旧のめどが立たずに、そのままにしていました。会社の方の問題もあり、がたがたしていたため、ずぼらを決め込んでいました。  ところが、ひょんなことで、ログインIDを知ること…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

X51.ORG THE ODYSSEY

 ”どうしてこんなところまで来てしまったんだろうか。静寂が包む砂漠の夕暮れ、私は朦朧とした頭で、仰向けになったまま空を見上げていた”というプロローグで始まる本に、興味を覚えた。帯には、”荒俣宏絶賛”と書いてあります。  「X51.ORG THE ODYSSEY」(佐藤 健寿 著)は、著者が、アメリカのネバダ州な砂漠で、雄大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二の地球 グリーズ581C

 今朝テレビを見ていたら、何かのニュースショーで、先日来、騒がれている「太陽系近くに地球そっくりの惑星発見、生命が存在する可能性も ... 」という記事に関連し、どこかの天文台と中継をつなぎ、望遠鏡で、該当する星を映し出していました。  ただし、映し出されたのは、そのそっくりさんの星が回っている太陽に当たる星で、地球似の星は、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ ・ CIAとUFO

 「フランスのUFO情報公開」へのアクセスが異常に多かったので、きっと、潜在的にUFOなどの情報に敏感なのと、初めて、公的な機関が公開する情報であるという点に、興味があったのではと思いました。  公開といえば、確か、何年か前に、アメリカでCIAに対するUFO情報の公開を迫る裁判があったような気がして調べて見ました。  197…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フランスのUFOデータ公開

 「フランスがUFOデータの完全公開に踏み切った」ということで、にぎわっています。  この話は、昨年末(2006年)から話題に出ており、今年の2~3月に公開するということでしたので、予定どおりといえます。  何故、ある意味、大騒ぎとなっているかと言えば、公的な機関として初めて、これまで蓄積してきたデータを公開したということに…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

ロズウェル

 ムーの11月号を見たら、「ロズウェル事件」に関する、新しい情報というのが、載っていました。  「ロズウェル事件」というのは、1947年に、アメリカの南西部「ロズウェル」に落ちたという物体が、UFOであり、なおかつ、生きた宇宙人が捕らえられた、という有名な話です。  「エリア51」を始め、アメリカには、強大な軍事力を背景とす…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more