アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治」のブログ記事

みんなの「政治」ブログ

タイトル 日 時
徴兵制があっても国家は滅びる
徴兵制があっても国家は滅びる  「表現者 2010年11月号」(ジョルダン 刊)を見て驚きました。「徴兵なき国家は滅びる」というタイトルだったからです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/02 01:38
尖閣ビデオは公開が当たり前!
 尖閣諸島の中国船と巡視船の衝突に関して、特定の議員が事件の時のビデオの編集した物を見たそうで、新聞やテレビのニュースでは、あきらかに中国船が故意にぶつけたと分るという、ビデオを見た議員の意見を報道していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 01:01
卑劣な朝日新聞
卑劣な朝日新聞  数日前の朝日新聞では、3面で、小沢一郎をめぐるこれまでのいきさつを書いていましたが、西松建設の5,000万円の献金が迂回献金ではないかということで調べたら、結局、う回ではなく実態のある団体からの寄付であることが分り、続いて、水谷建設元会長の話という事で、裏金が渡ったというシナリオのもとに、捜査を進めたが、これも、元会長の話がまともでないという事になり、結局は、陸山会の土地の所有権の登記にかかわる個人・小沢一郎と公人・小沢一郎との間の取引が、期をまたいでいたことに目をつけ、政治資金規正法違反とい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 00:47
検察の「調書捏造」を告発する
検察の「調書捏造」を告発する  「週刊文春 11月4日号」(文藝春秋社 刊)に大々的に、”検察史上、最大最悪のスキャンダル”と出ていたので、何かなぁと思ったら、高知で中学生が乗ったスクールバスに白バイが衝突し、白バイ隊員が死亡したという事件のことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/29 19:04
小沢一郎は政倫審に応じる必要はない
 ”小沢氏、国会招致で会談応じず 政倫審、早期開催困難も”という報道がされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 12:27
東浩紀の言う事は何かおかしい
東浩紀の言う事は何かおかしい  朝日新聞朝刊(2010/10/28)の論壇時評で東浩紀が、「”有権者の消費者化”に可能性」と題して、『ポピュリズム』を論じていました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/28 11:57
尖閣ビデオは公開すべきだ
尖閣ビデオは公開すべきだ  尖閣諸島沖での中国漁船の巡視船への衝突事件のビデオが国会に提出されたそうで、ただし、那覇地検より、調査中なので、見る方を含めて慎重に取り扱ってほしいとの伝言があったのだとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 19:02
カシミリの恐怖
カシミリの恐怖  「Newsweek 2010年11月 3日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)は、アメリカの中間選挙特集になっていますが、一つ、注目すべき記事がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 16:36
準司法機関って何?
 東京地裁・高裁とも小沢一郎強制起訴に対する抗告を退けたわけですが、その理由が検察審査会は行政機関ではなく準司法機関であるというものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 17:55
オスプレイは危険ではないのか
オスプレイは危険ではないのか  2012年度にも沖縄に配備が予定されるアメリカの海兵隊新型垂直離着陸機、ボーイング/ベルMV-22オスプレイは、今月号のDAYS JAPANでも事故現場の写真が掲載されてるが、開発段階から事故が多発し、「ウィドウメーカー」なる言葉がつけられるほど悪評が立った飛行機で、すでに40人近くの犠牲者がでているものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 17:40
播磨弁護士の真っ当な意見
播磨弁護士の真っ当な意見  朝日新聞朝刊(2010/10/26)の「私の視点」欄に弁護士の播磨さんという方が、小沢一郎強制起訴に関する検察審査会の議決に関して、そもそも、この制度は憲法違反ではないかと述べられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/26 12:08
第二東京弁護士会に問題はないのか
 今般、小沢一郎強制起訴の指定弁護士になった3人を推薦している第二東京弁護士会とは、一体、何故、このような政治的な動きをするのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 02:18
政倫審で遊ぶ国会議員
政倫審で遊ぶ国会議員  なんでも、民主党は小沢一郎に対し政倫審へ出席を要請するようだということでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/25 23:06
鳩山 汚名返上への道
鳩山 汚名返上への道  「DAYS JAPAN 11月号」(DAYS JAPAN 刊)を見ると、沖縄の不幸が目に飛び込んできます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/25 05:03
虚報の構造
虚報の構造  「週刊ポスト 10月29日号」(小学館 刊)では、”■ 虚報の構造 大新聞「小沢の強制起訴はそれでも正しい」記事の論理破綻”ということで、大手マスコミが執拗に擁護する検察審査会の議決などに関する論点をきっちりと破綻していると説明していました。  まともな人間ならば、少しは考えることができる人間ならば、如何に、マスコミがデッチ上げ記事を書き、自分たちに都合の悪い人間を葬り去ろうとしているのかが良くわかると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/25 04:36
魔の手に抗議を!
 突然、「あなたは怪しい行動を取ったとある人が告発し、またまた複数の匿名の人が、起訴をするのが妥当だという結論にいたりましたので起訴します。文句があるなら裁判で白黒をつけてください」、と藪から棒に言われているようなものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 22:57
見えないトラップ
見えないトラップ  「実話時報 2009年 12月号」(竹書房 刊)に、暴力団排除法案の事に関して記事が載っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/24 03:58
デフレは起きていない──現代日本の作られた悪夢
デフレは起きていない──現代日本の作られた悪夢  「世界 2010年11月号」(岩波書店 刊)には、気になる記事が2本ほど掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/23 21:38
どうする生方?
 あれだけ、小沢一郎の政治資金を声高に問題視していた、民主党の生方 衆院議員が、衆議院選挙の時に働いてくれた人の人件費を”踏み倒していた”疑いがあるのだというニュースが、何日か前に流れていましたが、その後どうなったのでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/23 18:13
タリバンの愛車はトヨタ
タリバンの愛車はトヨタ  「Newsweek 2010年10月27日号](阪急コミュニケーションズ 刊9)に面白い記事が掲載されています。『タリバンの愛車はトヨタ』というものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/23 17:55
迷妄・岩見隆夫
迷妄・岩見隆夫  「サンデー毎日 2010年10月31日号」(毎日新聞社 刊)の次の記事を読んで、びっくりしてしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/23 14:19
武器輸出3原則、緩和方針で一致?
 やはりドル箱は軍事品の製造輸出という本音を出してきたようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/23 13:51
下衆の勘ぐり
 「週刊文春 10月22日号」で、またまた、こきたない事を書いていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/14 15:27
予防線を張る朝日新聞
予防線を張る朝日新聞  朝日新聞朝刊(2010/10/14)で、検察倫理審査会に関して、朝日新聞は、一貫して、こう述べてきたと、何か、言い訳じみた内容の記事が載っています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/14 10:23
自民党・鴨下 一郎の茶番
 国会で、小沢一郎の国会招致を盛んに言っていましたが、自分の事を棚に上げて、良く言いますねという感じです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/13 19:14
支離滅裂がはびこる
支離滅裂がはびこる  菅政権の尖閣諸島での中国船衝突の事件以降、あれだけ大問題なのに、マスコミは、大好きな世論調査を行いませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/13 10:46
小沢一郎に政倫審出席要求?
 読売新聞 10月13日(水)3時6分配信によると、”民主党は12日、東京第5検察審査会の議決で強制起訴される小沢一郎元代表に対し、衆院政治倫理審査会(政倫審)で、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件について説明するよう要請する方針を固めた”ということらしいのですが、どうも一連の動きは、腑に落ちません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/13 10:20
石原!喚いていないでキチンと調べろ!!
 今日も、国会で、自民党の石原が、小沢一郎の所有権移転の確認書を出してきて、日付がインチキだという事をさかんに吠えていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 18:48
政治とカネが世代間の対立ではない
 朝日新聞夕刊(2010/10/12)で、民主党の小林千代美前衆院議員が北海道教職員組合の違法献金事件などで辞職したことに伴う選挙で、「政治とカネ」を性懲りもなく持ち出し、政治とカネが世代間の対立であるかのようないい加減な報道をしています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 16:36
小沢起訴は無効である
小沢起訴は無効である  「週刊朝日 2010年10月22日号」(朝日新聞出版社 刊)は、やはり一番まともな事を書いています。”小沢起訴は無効である”という特集タイトルは、まったくもって正論でしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 15:54
検察審の不可解を問う
検察審の不可解を問う  「サンデー毎日 10月24日号」(毎日新聞社 刊)を見て驚きました。何故なら、久しぶりに、小沢一郎の検察審査会議決に対して、その危険性を訴える誌面作りだったからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 15:30
国防動員法
国防動員法  「軍事研究 2010年 11月号」(ジャパンミリタリーレビュー 刊)では、”中国の巨大軍事力&自衛隊23年度予算と新計画”ということで、最新の中国軍の軍事力の解説が行われ、台湾の軍事力との比較など、南沙諸島、南西諸島近海めぐる海軍力といった比較などが行われています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/12 15:12
442部隊
442部隊  「歴史通 11月号」(ワック 刊)では、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線で戦った日系人部隊である「442部隊」について特集を組んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 14:41
欺瞞! 朝日新聞検察審査会特集
欺瞞! 朝日新聞検察審査会特集  朝日新聞の検察審査会特集が今日で終了しました。少しは、まともなことが書かれてるかなぁと思いながら読んできましたが、最終回も酷いものでしたね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 00:14
小沢一郎クン あんたの時代は終わった?
小沢一郎クン あんたの時代は終わった?  『小沢一郎クン あんたの時代は終わった』と書いてあったので、どんな内容なのかと思い、「文藝春秋 2010年11月号」(文藝春秋社 刊)を、買い物がてら平和島の京文堂で読んできました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/10 16:49
3人逮捕劇
 「週刊現代 10月23日号」(講談社 刊)は、『これで一人でも無罪になったら検察と新聞はどうするの?』と題して、今回の前田検事によるFDデータ改竄に関して、今までのやり方と変わらない、検察の取り調べ方法を問題視しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/09 23:01
「たった1人」に殺された小沢一郎
 「週刊ポスト 2010/10/22日号」(小学館 刊) の表紙に、『「たった1人」に殺された小沢一郎』とあったので、気になって読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/09 22:34
ジャーナリストに妄想はいらない
 朝日新聞朝刊(2010/10/9)のオピニオンでは、またも、検察審査会の市民の声を評価する意見を掲載し、あたかも、問題がない事を強調しようとしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/09 13:18
ノーベル平和賞 劉暁波さんに
 獄中にいる、中国の劉暁波さんにノーベル平和賞が送られたという事で、正解ではないかという気がします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/09 00:17
脱船橋洋一
脱船橋洋一  今朝(2010/10/8)の朝日新聞の社説も酷かった。社会面では、検察審査会の問題点も書いていて、少しはましになったのかと思いきや、社説では、またまた、小沢一郎は引退しろ攻撃でしたね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/08 12:24
検察審査会は、欠陥制度
 第5検察審査会の議決は、何が何でも、小沢一郎の土地購入資金が、違法なものであるという捏造を流し、小沢一郎の政治的な失脚を企てているとしか考えられない、暴挙です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/08 00:24
毛沢東の大飢餓
毛沢東の大飢餓  「Newsweek 2010.10.13号」(阪急コミュニケーションズ 刊)は、”中国はなぜ横暴か”と題した特集を組んでいます。尖閣諸島の件を含め、最近の中国の国際社会に対する強硬な態度が何処からくるのか、色々と推測され書かれています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/07 19:20
吉田弁護士って?
 第5検察審査会で補助弁護士となった吉田繁實(しげみ)という人はどういう人なのかと思ったら、城山タワー事務所のホームページで、代表弁護士の次に紹介されているので、それなりの人だろうと思ったのですが、大間違いでしたね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/06 20:49
不真実を捏造する会
 またも朝日新聞は、今日(2010/10/6)夕刊で、いかにも市民代表の様な顔をして、小沢一郎に対する検察審査会への申し立てを行った「真実を求める会」という団体を取り上げて、”普通の人達であることの宣伝に努めていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 17:40
国家の偽装
国家の偽装  「国家の偽装――これでも小嶋進は有罪か」(有川 靖夫 著/講談社 刊)という、うん? と思う本が置いてあり、何だろうと思ったら、例の耐震計算偽装事件のことで、小嶋進はヒューザーの社長であり、著者は当時、公明党所属の大田区議会員で、ヒューザー社から娘さんが2,000万円だかの援助を受けていたという事で、何やら、耐震偽装の嫌疑にからみ叩かれて公明党をやめて人でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/06 17:07
猪狩弁護士 マニラで変死
猪狩弁護士 マニラで変死  「激突! 検察、暴力団、弁護士会……タブーの権力と対峙した弁護士の事件簿」(猪狩 俊郎 著/光文社 刊)が積まれていたので、つい読んでしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 16:25
天声人語執筆者へジャーナリスト引退勧告
 今朝(2010/10/6)の朝日新聞天声人語を見て、驚天動地の事を書いてあったので、びっくりしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 15:19
正義という名の不正義
正義という名の不正義  「週刊朝日 10月15日号」(朝日新聞出版 刊)ではいくつか興味深い記事がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/05 23:39
NTVのニュース報道を見てびっくり!!
粕谷(?)解説委員なる人が出てきて、 小沢一郎は説明責任を果たせ、 検察が不起訴とし検察審査会が起訴すべきとしたということは、検察が不起訴としたから小沢の政治的責任がないのではなく、政治責任がある、 とか、全くおかしなことを言っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/05 00:21
誤謬だらけの東京第5検察審査会の議決要旨
 ”定期預金担保貸し付けが行われた際に、小沢氏が融資申込書や約束手形に署名・押印していることのほか、4月27日付検察審査会議決において指摘されているように、04年10月29日に売買代金を支払い取得した土地の本登記を05年1月7日にずらすための合意書を取り交わし、合意書どおりに本登記手続きを1月7日に行うなど、土地取得の経緯や資金についてマスコミなどに追及されないようにするための偽装工作をしている。” ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/04 21:35
汚点・不当議決
「第四十一条の七  検察審査会は、起訴議決をしたときは、議決書に、その認定した犯罪事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもつて犯罪を構成する事実を特定しなければならない。 」と法律は定めています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/04 18:29
市民の名を騙った闇黒裁判の始まり
 検察審査会は、何を持って起訴相当としたのか、いよいよ、闇黒裁判というか市民の名をかたった不当決議で、数人の素人が何故、そんなことを決められるのか、暗い時代になりましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 17:43
渋谷陽一に幻滅
 「SIGHT (サイト) 2010年 11月号」(ロッキングオン 刊)は、”早くしよう 政界再編”を特集しています。民主党の代表選挙の前に書かれたものですが、菅の圧倒的勝利を予想していました。まぁ、ふたを開けたら、ほぼそうでしたが、圧倒的かどうかは分りませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/04 15:43
馬脚を現す蓮舫
蓮舫行政刷新担当相の安易な考えが目につきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/02 11:03
20歳の革命少女
 「G2 vol.5」(講談社 刊)を見ると、これはと思うものが2本掲載されていました。そのうちの1本が、『20歳の革命少女』(田中 良介 著)というもので、今時なんだこのタイトルはと思って読み始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 14:57
四馬鹿クワルテット!?
 「週刊新潮 2010年10月7日号」(新潮社 刊)と「週刊文集 2010年10月7日号」(文藝春秋社 刊)を読むと、当然のことながら、尖閣諸島の問題の特集です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 22:13
小沢一郎、2007年分の不起訴確定
 ”小沢氏、07年分の不起訴確定=陸山会事件、処分変えず―東京地検”との決定がされて、残すところ、2004/2005年の件になりますが、これも、そもそもおかしなもので、検察審査会で強制起訴が決まったら、こんな矛盾した物はありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 20:19
何故、政治介入しないのか!
 答弁も追求も可笑しいのでは? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 12:36
蛟龍1号
 「Newsweek 2010年10月6日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)はインド経済の危機に関する特集を組んでいましたが、『深海底に眠る資源の争奪バトル』で”最後のフロンティアの開発競争で、中国が覇権を求め動き始めた”という事を取り上げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 03:29
思考力ゼロ
 「樽床議員 大阪の会社が迂回献金か 関係2社1500万円」と毎日新聞がニュースを流していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/27 10:04
不思議の国ニッポン
 中国の要求している尖閣沖衝突に関する日本への謝罪・賠償に応じられないと拒否の言葉を出しているようですが、どこまで本気なのか、口先菅政権では、????の連続ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 19:56
政権崩壊の序曲
 土下座外交か政権放棄か? 考えてしまいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/26 13:39
外交能力がないと軍事に走るアンポンタン
 この人は、一体何を考えているのか、” 玄葉光一郎政調会長は仙台市での講演で「多くの日本人が日米安保の重要性、離島防衛の必要性を再認識する契機になった」と述べた。”という事らしいが、すぐに、軍事同盟の必要性を強調するという、自らの政権の外交能力欠如を、軍事力に転化してはいけないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/26 01:04
菅支持率40%に急落となるでしょう。
 何故、マスコミは、世論調査しないのか! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 14:07
国民を裏切る菅政権
 ”いらだつ首相「超法規的措置は取れないのか」”『読売新聞 9月25日(土)3時16分配信』と読売オンラインが報じています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/25 04:29
尖閣 中国人船長釈放 無策 日本外交
 最悪の判断と言いわけをしてしまいましたね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/24 19:01
検察劣日 = 新聞劣日
 朝日新聞(2010/9/24)朝刊の『検察劣日』のページでは、3人の人が意見をんべていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/24 07:10
新聞偏向を開き直った朝日新聞
 昨日(2010/9/23)の朝刊の朝日新聞には、紙面モニター(報道・編成局)で、”民主党代表選挙をめぐる論調”を取り上げていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/24 06:18
中国衝突漁船は「スパイ船」だった!
 「週刊文春 2010年9月30日号」は相変わらず、民主党の秘書がヘルス嬢であったとか、特集を組んでいましたが、こういうものって厭きてしまいましたね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/23 18:31
創価学会に激震!
 「週刊新潮 2010年9月30日号」(新潮社 刊)では、”4カ月間も姿を見せない「池田大作」名誉会長”ということで、5月13日を最後に動静が分らなくなっているのだとか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/23 17:19
中国覇権主義に抗するチャンスを逃すな!
 尖閣諸島の問題で、レアメタルの全面禁輸を中国が日本に対し取ったというニュースが流れてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/23 16:41
忘れてはいけない地検の出鱈目捜査
 思い出してみたら、石川議員の女性秘書をめぐる取り調べに関しても、酷いやり方が行われていたのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/23 15:08
キャメロンの革命
 「Newsweek 2010年9月29日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)は、イギリスの改革を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/22 16:02
首をひねる報道姿勢
 「尖閣衝突 中国頼みの企業焦り」とニュースが流れてきましたが、ちょっと前までは、「具体的な影響は出ていない」という報道が多かったのに変だなぁという気になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/22 13:00
日本IBM 大和事業所で自殺!
 「週刊金曜日 2010年9月17日号」(金曜日 刊)の『どこまで社員を追い詰めるのか』(野村 昌二 著)は、日本IBMのさらなる悲惨過酷な首きりの実態を描いていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 19:24
菅の本質
 「週刊朝日 2010年10月1日号」(朝日新聞出版 刊)は、”死んだふり?小沢 迎え撃つ10月”ということで、民主党代表選挙後の政治状況を特集しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/21 15:40
虚構の疑惑
 M.M.とかいうジャーナリストだか評論家だかはよくわかりませんがいて、「日々坦々」のブログで、調子に乗るなと怒られているのを見ました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 12:59
虚構の崩壊
 恥かしながら、更新日を変更すると、以前の更新日変更記録が残るとは知りませんでした。村木厚子さんの検察証拠で押収されたFD中の申請書のドキュメントの変更日付が、6月1日作成 → 6月8日更新 → 6月1日更新と書き換えられており、書き換えたソフトも分るという事が出ていて、そうだっけと思ってしまいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 12:23
危機の民主主義?
 今朝も、朝日新聞(2010/9/20)の一面に、『危機の民主主義』と題して、オピニオン編集長の大野博人氏の記事が掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/21 00:30
危機の経済?
 朝日新聞(2010/9/19)の朝刊一面に、『危機の経済』と題して、GLOBE編集長の山脇岳志氏の記事が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 23:59
基地はなくなる
 「DAYS JAPAN 10月号」(DAYS JAPAN 刊)は、米軍基地を排除して安心と豊かさをもたらした国を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 23:09
小沢一郎の夢
 小沢一郎は、こう言いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/18 21:17
検察の職権乱用罪
 今日(2010/9/18)に検察は、小沢一郎に対して4度目の聴取を開始したというニュースが流れてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 19:56
民主党代表選疑惑
 「週刊プレイボーイ 10月4日号」(集英社 刊)の、『”菅”首相続投で日本崩壊まっしぐら座談会』という、民主党代表選挙に関する記事を読んでみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/18 17:23
哀れ立花隆、君の時代は終わった
 「週刊現代 10月2日号」(講談社 刊)のコピーは『小沢一郎への伝言』となっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 17:06
菅官報米
 「週刊ポスト 2010/10/01日号」(小学館 刊)の民主党代表選挙後の記事は、”負けて始まる「小沢支配」”という特集タイトルでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 16:27
ネット攻撃を始めた朝日新聞
 今朝(2010/9/17)の朝日新聞を見て驚きました。今回の民主党代表選挙にからみ、大手マスコミの世論調査とネットでの調査が、ほとんど真逆であることが問題になっていましたが、その点をとらえ、ネットの調査なんていい加減だ、マスコミの調査の方が正しいんだの論点で、ネットでの調査を不確実ないい加減なものとして、1ページを割くキャンペーンを行っていたからです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/17 13:37
本人同意なき「新脳死移植」の恐怖
 「週刊文春 2010年9月23日号」(文藝春秋社 刊)の方は、どうなっているのかな、と見ると、”手負いの小沢一郎が民主党をブッ壊す”という特集でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/16 21:10
誰も菅を評価しない
 「週刊新潮 2010年9月23日号」(新潮社 刊)を見てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/16 20:25
小沢一郎 敗れて
 小沢一郎は、英気を養っていればいいんじゃないでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/15 22:46
組織犯罪処罰法の行く末
 「実話時報 10月号」(竹書房 刊)では、”山口組直系組長一挙七名逮捕!!”ということが大きく取り上げられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/15 20:18
国民を奴隷の道に誘う民主党員
 外出から戻ってきたら、民主党代表選の開票をやっていました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/14 16:13
みのもんたリコール
「SAPIO 9月29日号」(小学館 刊)は大きく、表紙に機動隊と思われる盾を持った隊列の写真が目立ち、何だろうと思ってみると、『国家警察29万人のリアル』と書いてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/13 17:02
小沢一郎 嫌われる伝説
 「小沢一郎 嫌われる伝説」(渡辺 乾介 著/小学館 刊)を読むと、小沢一郎が、一貫して権力に抵抗してきた道程が見えてきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/13 15:59
産経新聞のちぐぐはぐ
 民主党の代表選挙に絡んで、『“剛腕”小沢氏なら円安 民主代表選控え、市場に介入警戒感』という見出しのニュースが流れていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/13 15:32
小沢嫌い」ここに極まれり!
 「週刊ポスト 2010/09/24日号」(小学館 刊)も、菅政権・官僚・大手マスコミが一体となった、改革つぶしの異常な現象を特集しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/13 02:40
ああ菅直人、君に何の志がありや
 「週刊現代 9月25日号」(講談社 刊)の目次を見て、まさしくその通りと思ってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/13 01:51
すり替え師 菅無い核
 何か、フジテレビで、民主党の代表選挙に関して、小沢派と菅派などがでて討論会をしたとのこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/12 18:05
僕には夢がない! by 菅直人
 民主党の代表選挙で、総理がころころ変わるのが良くないという事を言っている人が多いと言われとり、民主党議員の菅首相選択の要因と考えているものがいるというのを見て驚いてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/11 14:42
醜い朝日新聞の言いわけ
 村木元厚生局長の無罪の判決に対し、今朝の朝日新聞は、言い訳に終始していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/11 14:13
村木元局長無罪!
 本日(2010/9/10)厚生省元局長の村木さんに対する判決が大阪地裁であり、”無罪”の判決になったとのことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 18:54
法人税減税に邁進する 大企業の先兵・菅首相 
 菅が、法人税引き下げを年内に結論指示と言っているそうです。またまた、消費税増税と同じ、独断の決定ですね。これでよく、菅総理は話し合いを基本とした民主的な方法をとると言えたもんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/10 01:14
永久保存版 最後の大”毒”演会
 新潮の10月号を見るべく、京文堂、くまざわ書店と機能まで回ったのですが置いてありません。で、今日は、新橋の帰りに大森のブックファーストにより探してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 00:47
チェブラーシカを聴きながら!
 雨も上がり、外へ出たら、涼しい風が吹いていました。ゴミ置き場にゴミを出し、ローソンへ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/09 01:23
何故、今、鈴木宗男の判決が出されるのか!
鈴木宗男衆院議員の斡旋収賄罪等での上告を、最高裁が上告を棄却する決定をした、というニュースが流れていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/08 22:18
小沢氏の主張のほうが!
 「小沢氏の主張のほうがおもしろいのだが…」というコラムが、日経BPの時事コラムである”田原総一朗の政財界「ここだけの話」”で書かれているというメールが来たので、読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/08 16:25
菅原文太 VS 小沢一郎
 「週刊朝日 2010年9月17日号」(朝日新聞出版 刊)で、菅原文太と小沢一郎の120分の対談がトップ記事として掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 00:25
週刊誌では、小沢は、すでに総理。
 「週刊プレイボーイ 9月20日号」(集英社 刊)の特集も、すでに、『ゆけ、小沢首相!旧い日本をブッ壊せ!!』ということで、週刊誌は、ほとんどが、小沢一郎総理待望論になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 23:42
朝日新聞の政治部刷新を提案!
 月曜日だからですかね、朝日新聞の1面に、菅65%、小沢17%という次期代表への支持率が出ていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/06 11:37
小沢総理の「(新)日本改造計画」!!
 「週刊ポスト 2010/09/17日号」(小学館 刊)が、今、コンビニ行ったら並んでいました。表紙を見ると ”小沢一郎 日本改造計画 仰天の500頁”とあるではないですか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/06 01:34
菅政権機関紙 = 朝日新聞
 本当に朝日新聞の凋落(なのか、昔からそうだったのか?)はひどいもので、現在の政治改革をすべて否定する記事のオンパレードですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/04 11:44
ウラ 公安警察
 私たちは、公安警察というものを身近に見たりする場合は、次のようなデモのときに、如何にも変な体付きのいい、私服の人間を見る時ではないでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/04 00:29
小沢・菅記者会見を見て
 久しぶりに、共同会見なるものをテレビで見てしまいました。民主党の代表選の記者会見です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/09/02 02:03
仙谷の軽さ
小沢、菅の会談で決裂となり、2人とも代表選に立候補することになったそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/01 00:17
トロイカ+1に反対!
 「トロイカ+1」で折り合いをつけるとかいう話が出てきています。そして、小沢一郎の代表選不出馬もあるとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/31 03:53
ギロン以前の田原総一郎
 「週刊朝日 2010年9月10日号」(朝日新聞出版 刊)に掲載された田原総一郎の『ギロン堂』を読んで、びっくりしてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/31 01:22
菅政権と記者クラブの同時解体!!
 誰が馬鹿なのか知りませんが、民主党の政治資金報告書(?)が出てきて、週刊誌をはじめ、新聞をにぎわしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/30 04:03
民主党、分裂結構!
 連合が民主党の分裂を危惧して融和を進めているようなことが朝日新聞に書いてありました。何処までのニュアンスかわかりませんが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/28 17:42
小沢一郎立つ!
 小沢一郎が民主党代表選に出馬するという事が朝日新聞夕刊にて報じられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/26 16:53
立つんだ一郎!
 いつからマスコミは民主党の事を大切にするようになったのか、甚だ疑問です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/26 02:51
宇宙のエネルギー保存則 & ロボットが変える戦争
 「日経サイエンス 2010年10月号」(日経サイエンス社 刊)には、興味深い記事が載っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/25 21:38
「ひきこもり」 ついにグローバルに!
 「オックスフォード・ディクショナリー・オブ・イングリッシュ」の新版に、「ひきこもり = hikikomori 」が収録されたのだとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 23:02
官邸敗北
 「官邸敗北」(長谷川 幸洋 著/講談社 刊)は、鳩山政権の官僚への敗北を描いたものです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 22:24
近衛文麿の戦争責任
 「近衛文麿の戦争責任」(中川 八洋 著/PHP研究所 刊)を読んでみました。以前出された本の抜粋が中心ということで、以前の本は読んだことがないので、こういう解釈をしている人がいるんだと、なるほどと思うと同時、そうかなぁと思う事もありましたが、問題提起の部分に関しては、やはり、誰が見ても変だなぁと思う事を取り上げていたので、興味深く読めました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/16 19:42
菅政権延命!? 朝日新聞
 あからさまな菅政権延命・擁護を図る朝日新聞の社説を読んでいると、底が割れているのに気がつかないのかと、その鈍さに驚いてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/16 13:45
ロボット兵士の戦争
 毎年、夏になれば、戦争に関する番組が増えてきます。特に、NHKでは、色々な戦争体験者の話を集め、番組を放送しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/13 16:31
在特会幹部逮捕?
 在特会の幹部4人が逮捕されたということで、なんだこの在特会というのはと思ったら、桜井誠という人が会長をしている「在日特権を許さない市民の会」というものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 17:36
野中の罪
 昨日2010/8/11)、NHK解説委員室副委員長で討論番組「日曜討論」の司会者、影山日出夫さん(56)が自殺を図ったというニュースが流れてきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/12 16:38
公務員改革に反対する朝日新聞
 朝日新聞の今朝(2010/8/12)の社説(上段)で、公務員の人件費をむやみに引き下げるべきではないという事を言っていました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 16:09
韓国哨戒艦沈没事件
 「世界 2010年 9月号」の”韓国哨戒艦沈没事件(天安艦事件)−決定的証拠に決定的疑問がある”を読むと、どうも真実追求ではなく、「韓国哨戒艦沈没事件」には、何か政治的な策略がありそうな気がしてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/11 19:38
沖縄海兵隊 抑止力は「先入観」
 「週刊朝日 2010年8月20日号」(朝日新聞出版 刊)に、当然だと思う記事が出ていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/10 23:55
戦後論
 「戦後論」(伊東 祐吏 著/平凡社 刊)という、何か硬派な感じの本があり、興味があったので読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/09 17:55
野中と立花の妬み
 「週刊ポスト 2010/08/20・27日合併号」(小学館 刊)は、週刊現代よりましで、特に、消費税増税を進める財務省の増税根拠を一つずつ論破していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 02:37
「消費増税大合唱」徹底論破
 「週刊ポスト 2010/08/20・27日合併号」(小学館 刊)は、週刊現代よりましで、特に、消費税増税を進める財務省の増税根拠を一つずつ論破していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 01:47
市民という名の闇黒裁判
 曲者市民をまたまた登場させています。土曜日の朝日新聞夕刊に、検察審査会の全体の説明がされており、ほとんどが手続きの説明なのに、最後の部分で、神戸の歩道橋事故が検察審査会によって、起訴されることとなり有罪の判決を得たという事を取り上げておき、小沢一郎が起訴されれば、はじめて「市民が政治家を起訴したことになる」と結んでいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 01:48
「権力」に操られる検察
”「権力」に操られる検察”(三井 環 著/双葉社 刊)は、元大阪高等検察庁公安部長だり、検察庁における「裏金」の問題を告発しようとして、逆に逮捕され、実刑という判決を受け満期で出所し、小泉政権時代の”けもの道”に落ちて行った検察の姿を、検証している本です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/07 18:08
「日本の宗教」を仕分けする
 「SAPIO 2010/08/25日号」(小学館 刊)の特集は、『「日本の宗教」を仕分けする』ということでしたので、早速読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/04 23:46
菅直人はなぜこんなに嫌われるのか
 「週刊現代 2010年8月14日号」(講談社 刊)では、菅首相の市民運動経歴に関して、”■菅直人はなぜこんなに嫌われるのか”という記事中、元武蔵野市市長である土屋正忠氏が、菅総理の市民運動家としての活動の経歴に疑義を呈していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 21:28
国会記者会館-8億円分の便宜供与
 「週刊ポスト 2010/08/13日号」(小学館 刊)は、今週号も、腐敗したマスコミ、官僚の追及を進めています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 20:39
中小企業倒産の悲哀
 「中小企業倒産の悲哀」というページを東京経済株式会社のサイトで見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 19:45
増税一本槍の朝日新聞社説
 今朝の朝日新聞の社説は、菅総理の叱咤激励に終始していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 22:36
共産主義国ベトナムで強まる「反中」の気運
 「クーリエ・ジャポン 9月号」(講談社 刊)は、特集で、”「鉄道」でわかる世界情勢”という事を取り上げており、日本を始めとする各国の鉄道建設事業獲得競争の現状を書いていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/31 17:01
西部邁ゼミナール
 たまたまテレビをまわしていたら、西部邁とゲスト2人がしゃべっているのをやっていました。何を言っているのかと思ったら、日本の核武装を進めようと言う意見で盛り上がっていて、何やら知らないアメリカ人が、核でやられたのは日本だけなんだから、日本は核武装する権利を持っているのになぜんしないんだ、と言っているという話を紹介しながら、そうだそうだという話のようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 14:16
政治は妥協のアート?
 「週刊朝日 2010年8月6日号」(朝日新聞出版 刊)に、インタビュー記事が載っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/31 00:42
大新聞は国民の敵だ!
 「週刊ポスト 2010/08/06日号」(小学館 刊)がついに、マスメディアの代表たる大手新聞社を攻撃開始しましたね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/27 04:03
日本人がコンピュータを作った
 「日本人がコンピュータを作った! 」(遠藤 諭 著/アスキー・メディアワークス 刊)は、1996年に刊行した『計算機屋かく戦えり』という本の新書版で、読者ターゲットを専門家より一般向けに再構成したものだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/25 02:37
官房機密費マスコミ汚染問題
 「週刊ポスト 2010/07/30日号」では、上杉隆さんが官房機密費の問題を執拗に追及しています。もっとつ九の手を緩めるなと言いたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/23 00:34
電磁レール砲
 「軍事研究 2010年8月号」(ジャパン・ミリタリー・レビュー 刊)に、『電磁レール砲』に関する記事が載っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 19:07
検察審査会の正義を無理やり作ろうとしている朝日新聞
 何やら朝日新聞が、またまた変な事を書いていました。検察審査会のことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/22 18:16
「生存者」と呼ばれる子どもたち
 ”「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて"(宮田 雄吾 著/角川グループパブリッシング 刊)という本が、ふと目に入り、読んでみたら、何か、読み切れないほどの内容で、ハンカチを出してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 15:41
ギリシャ危機の隠された真実
 本日配信された「The daily olive news」を見て、あれ、ギリシャ危機って、“危機”という言葉のみが、そして債務のみが独り歩きしているわけですが、この事態に陥いるまでにギリシャがどういう策をとったか、そういえば、ほとんど知らないですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/19 11:47
消費税15%!?!
 消費税15%だって! 何を言うか! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/18 21:24
財務相に就任しなければ・・・・
 「財務相に就任しなければ・・・・」とつぶやいたんだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/17 11:48
井戸端会議の噂話で、死刑
 貴乃花が暴力団組幹部と席を同じにしていたという事が新聞をにぎわしています。貴乃花は、知らなかったという事で、意識的な行為であることを否定しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/17 11:29
天下りの裏ルート容認!?
 ここにきて、消費税のことで、アホな朝日新聞が、国民の多くが消費税増税をよしとしているキャンペーンを行っています。いい加減な世論調査で、こういった誘導を行うという方針が、自社の経営問題を考えて拍車をかけているのか、どこか黒い存在(暴力団ではありません)と結託して、国民の悲惨さを増大させようとしているのか、まさに、太平洋戦争の時の翼賛新聞になっているとしか思えない醜態をさらけ出しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/15 10:52
トヨタの闇
 「トヨタの闇 」(渡邉 正裕 、林 克明 著/筑摩書房 刊)という文庫本が積んであり、読み始めたら面白く、1時間ほどでしたが、立ち読みしてしまい、あやうく待ち合わせ時間に遅れるところでした。というか、約束の5分前を、気付いたら八重洲ブックセンターの店内時計が挿していたので、東京駅の中央改札口についたときには、過ぎていたのでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/14 01:34
あなたに貸す金はない!
 ”あなたに貸す金はない! 国が生み出す新しい「借金地獄」”( 岩田 昭男 著/アスキー・メディアワークス  刊)を読んで、ほら、やはり変だろう、今度の総量規制ってと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 16:47
墓場まで持ってゆく秘密
 ”小沢一郎の逆襲はあるか”と表紙に文字が躍っていた「文藝春秋 8月号」(文藝春秋社 刊)を、キャッチにつられてのぞいてみました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/10 14:44
「普天間」交渉秘録
 ”「普天間」交渉秘録”(守屋 武昌 著/新潮社 刊)という本の宣伝が、朝刊に載っていたので、見てみようかなぁという気になっていました。ところが、黄金町の某会社に行って話をし、夕方、平和島に戻ってきたときには、すっかり忘れていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/10 00:42
公務員人件費35兆円?
 「公務員ムダ論--不況時代の公務員のあり方」(福岡 政行 著/角川グループパブリッシング 刊)という新書が目に入り、読んでびっくり、公務員の給与の額の多さに驚いてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 7

2010/07/05 15:53
改正貸金業法で“借金難民”750万人!?
 6・18に、「改正貸金業法」が完全施行されるのだそうです。何か、よく説明されないままに、法案がとおてしまっていたんでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/29 02:07
中年ひきこもりクライシス〈最終回〉
 「週刊朝日 2010年7月9日号」(朝日新聞出版 刊)の連載、『中年ひきこもりクライシス』(杉山 春 著)も最終回となりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/29 01:46
官房機密費を配られた
 「週刊ポスト2010/07/09日号」(小学館 刊)で、”「私はこうして官房機密費を手渡された」元NHK政治部官邸キャップが実名告白”の上杉記事に、ついに記者側の証言者が登場しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/28 01:23
あの「丸」ですら
 「丸 8月号」(光人社 刊)では、「イタリア軍伝説」の特集が組まれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/27 04:13
悪戯はやめたら!
 今日、買い物で大森神社の前を通ったら、参議院選挙の候補者掲示板が設置されていて、候補者のポスターが貼ってありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/27 03:45
JAL天下り・渡り やり放題
 「週刊文春7月1日号」(文藝春秋社 刊)の”JAL“戦犯役員”が続々天下りしている! 債務超過1兆円、2万人リストラのさ中…… 怒りの告発”(森 功 著)という記事を見て、何故、責任者が責任を取らないのかと、不思議ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/24 02:56
飼育された記者
 「週刊朝日 2010年7月2日号」(朝日新聞出版 刊)で元外務省主任分析官 佐藤 優さんが”「官房機密費」どころじゃない!外交機密費を受け取った新聞記者たち”と題して寄稿しています。本人の経験談という事で、やはり、多くのジャーナリストといわれている人たちが懐柔されて、今、大マスコミの管理職について、権力にすりよった記事を掲載させているのではと、ますます疑いが強くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/23 19:51
中年ひきこもりクライシス(3)
 「週刊朝日 2010年7月2日号」(朝日新聞出版 刊)に連載中の『中年ひきこもりクライシス』を読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/23 19:12
海外自衛隊基地登場!?
 「週刊ポスト2010/07/02日号」(小学館 刊)が合併号の後という事で、久しぶりに書店に並んでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/22 02:14
純粋主義のあやうさ
 「金正男氏、後継へ再浮上も=中国が後押し? ―韓国紙 6月19日11時6分配信 時事通信」というニュースが流れていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/19 19:32
中国の脅威論
 中国中央テレビの宋さんという人が、中国の脅威論に対して、朝日新聞の朝刊でインタビュー記事を掲載していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/19 17:15
朝日の馬脚
 今朝の朝日新聞には呆れてしまいました。読者からの問い合わせ(どうして朝日新聞は追及・報道しないのか)に答える形で、官房機密費の件に関して言い訳をしていたからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/18 21:33
菅総理、総理、総理、.......
 辻元清美議員ではありませんが、こういいたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/18 01:23
目を疑う朝日の社説
 2010/6/15付朝日新聞朝刊の社説で、小沢一郎の政治とカネについて、またも、こんなことがどうしているのかと思う書き方をしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/15 09:30
テレビタックル
 テレビのチャンネルを回したら、タケシのテレビタックルをやっていて、三宅・平野が隣り合わせに並んでいたので、どうしたんだこれはと思ってみてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 03:32
60年安保 半世紀目の問い
 「60年安保 半世紀目の問い」という、朝日新聞(2010/6/14)朝刊の文化欄に、吉本 隆明が寄稿していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/15 00:10
暴発する中国
 「Newsweek 2010年6月16日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)の特集タイトル”暴発する中国”が、書棚から垣間見えたので、つい、読んでしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 19:25
新宗教マネー
 ”新宗教マネー―課税されない「巨大賽銭箱」の秘密”(山田 直樹 著/宝島社 著)を見て、まさに、同感、同感、そのとおりだと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/08 20:52
最後の手は自民と連立??
 「AERA 2010年6月14日号」(朝日新聞出版 刊)の表紙は、管新首相が飾っています。『総力特集 民主の挫折』という特集タイトルがあり、どれどれと読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 22:08
暴走検察
 「暴走検察」(上杉 隆、 週刊朝日取材班 著/朝日新聞出版 刊)を読んでみました。週刊朝日の2009年3月〜2010年4月という、ほぼ1年間に掲載された記事を集めたもので、いくつかは、すでに読んでいたので、あぁ、こういう記事もあったなぁと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 21:27
小沢一郎 つぎなる謀略9策
 「週刊ポスト2010/06/18・25日号」(小学館 刊)と「週刊現代2010/06/19号」(講談社 刊)は、今回の鳩山・小沢辞任に関して、ほとんど見解を異にしていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/07 01:54
半島有事
 「Newsweek 2010年6月 9日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)の特集タイトルは「半島有事」ということで、黄海での韓国哨戒艇”天安’の沈没事件に始まる、南北朝鮮の緊張を取り上げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/06 00:13
陸山会に関する謀略
 鳩山・小沢が辞任し、菅が選任されましたが、つくづくマスコミに惑わされる人たちと反小沢の民主党員には、呆れてものが言えません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/04 17:52
渡部と生方はメディアに登場するな!
胸糞の悪い日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/02 17:42
検察のでたらめ、小泉政権のでたらめ
 「週刊朝日 2010年6月11日号」(朝日新聞出版 刊)と「サンデー毎日6月13日号」(毎日新聞社 刊)で、日本郵政の問題を取り上げていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/02 02:17
大森記念病院が競売!
 昨日、事務所を借りている不動産やさんと話をしていたら、やはり、空家率が高くなっていると言っていました。驚いたのは、大田区で2件も、病院が競売にかけられているのだそうです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/02 01:48
樺美智子 聖少女伝説
 もうすぐ、6月15日となりますが、ブックファーストで人文社会のコーナーを見ていたら、「樺美智子 聖少女伝説」(江刺 昭子 著/文藝春秋 刊)というタイトルと、不思議な表紙絵の本が置かれているのに気がつきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 15:35
官房機密費に魂を売ったマスコミ?
 「週刊ポスト 2010/06/11日号」(小学館 刊)では、『官房機密費マスコミ汚染問題』を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 01:25
無人偵察機
 「丸 2010年7月号」(潮書房 刊)は、『黒い偵察機 スパイ機列伝』という特集を行っていましたが、特に、無人偵察機に関する記事が目白押しでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/29 17:20
鳩山氏は官僚に勝つつもりなどなかった
「週刊金曜日 2010年5月28日号」(金曜日 刊)の”「辺野古回帰」は官僚の筋書き通りだ − 渡辺 豪”の特集のページに囲みで、『元駐レバノン特命全権大使/作家 天木直人さんに聞く 鳩山氏は官僚に勝つつもりなどなかった 』という文が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/28 22:41
天下りをなくすには、など
 ゴミ捨てをし、ローソンへ。いつものように、雑誌のコーナーへ、そういえば、週刊朝日とサンデー毎日は読んでなかったなぁと思い、立ち読み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/18 00:42
取材直前の逮捕劇〜「検察史上類を見ない犯罪」の真相〜 
 ”取材直前の逮捕劇〜「検察史上類を見ない犯罪」の真相〜”と題するテレビ放送がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/17 22:18
ジャーナリストの正義
 「週刊ポスト 5月17日号」 (小学館 刊)には、見逃さざるべき記事が掲載されています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/17 00:08
企業の「消滅」 倒産の2倍超
 帝国データバンクが、「休廃業・解散動向調査」というのを発表しました。"なお、「休廃業・解散動向」に関する調査は今回が初めて"と書いてあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/14 23:36
人間力の時代
 ローソンに行ってきましたが、寒いし、あれまぁ、雨が降ってきてしまいました。傘を持っていかなかったので、ちょっと濡れてしまいました。さて、ローソンで、漫画クラブの今週号はと思って本棚を探しましたが、見当たりません。しかたなく、「SAPIO 2010/05/26日号」(小学館 刊)を読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/14 01:22
パワードスーツ
 「軍事研究 2010年6月号」(ジャパン・ミリタリー・レビュー 刊)の表紙は、HULC(Human Universal Load Carrier)エクソスケルトン(Exoskeletons)動力スーツを着用した兵士の写真が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 21:33
それでも、日本人は「戦争」を選んだ
 ”それでも、日本人は「戦争」を選んだ”(加藤 陽子 著/朝日出版社 刊)を、ようやく読み終えました。長い時間を取られてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 19:16
鳩山が画策するウルトラC
 ゴールデンウィークがあったため、週刊誌の多くが合併号でしたので、なかなか新刊が出なかったのですが、さっきコンビにに行ったら、「週刊ポスト2010/05/21日号」(小学館 刊)に、おやっと思った特集タイトルが見えたので、読んできました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/10 00:46
本当のこと
 「本当のこと」は、岩波書店のPR誌”図書5月号”に大江 健三郎が書いていた囲み記事のタイトルで、副題(?)が”親密な手紙”となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/08 18:44
記者クラブ崩壊
 「記者クラブ崩壊 新聞・テレビとの200日戦争」(上杉 隆 著/小学館 刊)を読んできました。著者のこれまでの行動は、うすうすは知っていたのですが、このように時系列にまとめられているのと、その間の関係部署の動きが分り、現在の記者クラブの存在理由の希薄さを感じてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 00:24
希望の国・日本?
 「希望の国・日本」(小林 よしのり 著/飛鳥新社 刊)が、今まで置いてあった「ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論 」のわきに、ずら〜と並べられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/28 18:39
東京第5検察審査会の議決要旨
 「小沢氏 起訴相当」に対する東京第5検察審査会の議決要旨というものを読んでみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/28 01:51
懲りない検察審査会
 第5検察審査会が、小沢一郎の起訴相当との結論になったそうです。特捜部の不起訴は不合理だとかいう張り紙がテレビに映っていましたが、くだらないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/27 16:35
野中広務の告白
 いやいや、びっくりしました。本当〜!! です。今日の日刊ゲンダイのサイトを見たら、”野中広務元官房長官がテレビで官房機密費の使途を洗いざらいブチまけた”ということで、自民党の河村建夫・前官房長官がビビりまくっているという記事が載っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/26 18:54
孫と仙谷
 今朝のテレビで、孫 正義さんと仙谷国家戦略相とが出演している番組があり、すこし見ていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 17:40
沖縄密約と中国脅威論
 「週刊金曜日4月23日号」(金曜日 刊)を読むと、小さな囲み記事でしたが、沖縄米軍の移転のことを取り上げていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/24 22:19
笑ってしまいます水谷建設元会長の爆弾発言ですって!
 「週刊文春4月29日号」(文藝春秋 刊)は、”鳩山民主 109議席 過半数割れ「民・みん新政権」誕生!”という予測を政治広報センター社長で元週刊文春記者であるという宮川 隆義が書いていますが、何なんですかねぇ〜、この人は。公平感のないような人のようで、好き嫌いに近い感じで判断していて、なおかつ、あまり予測が当たらないような事を書いているサイトもありましたね。まぁ、どうってことのない、予測でしたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/22 01:41
「特高検察」が犯した7つの大罪
 ”小沢一郎 完全無罪 「特高検察」が犯した7つの大罪”(平野 貞夫 著/講談社 刊)を読んできました。特に、検察の裏金を実名で告発しようとした日に逮捕された三井環さんの話は、著者と鳥越太郎氏がマスメディアと国会の両方で追及しようとしていた、まさに当日の出来事であったということで、そういうことだったんだと、前後関係が分りました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/19 22:10
オバマ大統領の戦争計画QDR2010
 「軍事研究 2010年5月号」(ジャパンミリタリーレビュー 刊)では、アメリカの4年毎の国防見直し報告書(QDR2010)について、各視点から論じられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/19 19:47
普天間移設問題を沖縄から問い直す
 「エコノミスト4月20日号」(毎日新聞)が、”【特集】欧州崩落”というタイトルでしたので、ギリシャの問題があり、どうなのかなぁと思ってみてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 18:15
産経新聞のいい加減な世論調査
 ”郵政非正規社員化、反対8割に亀井氏「腰を抜かした」”(4月16日14時10分配信 産経新聞)という記事が流れてきたので、見てみましたが、この産経新聞の調査のいい加減さに驚きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 01:10
一国の首相に失礼だ
 ”「一国の首相に失礼だ」 藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感”と報じられていました。怒るのが当たり前でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/16 21:11
与謝野馨の「政治とカネ」
 全く変な話で、与謝野馨は、いかにも自分は献金で疑惑はないような顔をして、他人には、平成の脱税王などと、誰に入れ知恵されたのか、あるいは、トイレでふっと思い立ったのかは知りませんが、よく言うよなぁという気持ちになってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/14 00:12
権力の走狗と化した立花隆
 講談社の雑誌G2に立花隆が『ドキュメント小沢一郎問題』と題した連載記事を書いています。現在、無料で全文が読めるようになっているのですが、この間送られてきたメールで回目の記事を読んでみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/13 01:08
日本政治再生を巡る権力闘争の謎
 「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」(カレル・ヴァン・ウォルフレン 著/中央公論4月号 掲載)という中央公論掲載の全文がWEBに公開されていました。4ガス号ということで、吉本のページは見たのですが、この論文は見損なっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/12 22:57
たちあがれ日本??
 新党「たちあがれ日本」が平沼党首の下、旗揚げしたということでした。反民主党だということで、反自民とは書いてなかったですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/10 19:36
ソチ五輪利権にうごめく人たち
 「紙の爆弾 2010年 05月号」(鹿砦社 刊)に、”ソチ冬季オリンピックに群がった・・・・”と書いてあったので、誰だと思ってみてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/08 23:46
民主党チェンジ ジワリ進んでいる
 「週刊朝日 2010年4月16日号」(朝日新聞出版 刊)は、『民主党チェンジ ジワリ進んでいる』では、圧倒的に舞うメディアが民主党つぶしに奔走する中、極めて客観的に民主党への政権交代後を見ているもので、納得しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/06 20:12
ありがとう小沢一郎 僕たちは卒業します
 「SIGHT 43号」(ロッキング・オン 刊)は、”総力特集 「ありがとう小沢一郎 僕たちは卒業します」”ということで、なにを卒業するのかと思いましたが、内田樹×高橋源一郎の対談があったので、読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/05 19:23
民主党政権の現在
 「中央公論 4月号」(中央公論新社 刊)に、『◆〈アジア的なもの〉と民主党政権の現在 吉本隆明×中沢新一』という対談記事が載っているということで、ブックファーストに行き読んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 18:25
イージス艦「きりしま」の海曹長が行方不明
 さきほど、最新号の週刊新潮と週刊文春を見てきました。その中で、どちらの記事だったのかは忘れてしまいましたが、気になることが書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 00:15
米国軍事諜報部
 「紙の爆弾 4月号」(鹿砦社 刊)に、『米国軍事諜報部・東京地検特捜部・「極右」団体・守旧派マスコミ 小沢一郎叩き・民主党攻撃のウラに見え隠れする点と線』という記事が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/31 23:34
無縁社会
 「週刊ダイヤモンド4月3日号」(ダイヤモンド社 刊)は、『無縁社会 - おひとりさまの行く末』と題して、孤独死を取り上げていました。1月に放送したNHKスペシャル「無縁社会」に引き続き、日本の核化された社会の行く末を危惧している内容となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/31 01:31
「特捜」崩壊
 ” 「特捜」崩壊 - 墜ちた最強捜査機関 」(石塚 健司 著/講談社 刊)を読んでみた。まず驚いたのは。著者が産経新聞の社会部次長であるということでした。あの産経新聞で、こんなまともなことを言う人がいるとは、それも。社会部次長という肩書ではないですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/28 17:09
小沢一郎の最終戦争
 「小沢一郎の最終戦争」(大下 英治 著/ベストセラーズ 刊)という、物々しいタイトルの本が書店にありましたので、気になるところを読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/23 00:17
ユダヤ人の起源
 「DAYS JAPAN 4月号」(DAYS JAPAN 刊)で、「ユダヤ人の起源」(シュロモー・サンド 著/佐々木康之・木村高子 訳/高橋 武智 監/ランダムハウス講談社 刊)が取り上げられていました。『歴史はどのように創作されたのか』(広河 隆一 文)のサブタイトルで、同書を紹介していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/21 15:50
生方は民主党を離党するのが自分の道。
 「小沢主義(イズム)―志を持て、日本人」(小沢  一郎 著/集英社 刊)が、文庫版で文庫のコーナーに置いてあり、薄そうでしたので、読んでみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 02:27
世界権力者人物図鑑
 「世界権力者人物図鑑」(副島 隆彦 著/日本文芸社 刊)という本の表紙を見ると、副島隆彦アメリカ研究30年の成果を凝縮!、とあったので、どれどれと思って読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/12 18:08
お水を下さい
 「お水を下さい」哀願の声響く、と朝日新聞は伝えています。先日の天声人語にも、この一件が取り上げられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/08 21:07
マークXジオのブレーキ
 トヨタは、米国で、ブレーキの問題で追及されています。日本ではなかったのかなぁと不思議に思っていましたが、「ニューモデルマガジンX 2010年4月号」(三栄書房 刊)に出ていましたね。車種は違いますが、『マークXジオのブレーキが効かなかった事故』に関して、昨年、6月と9月に起こっていたことが取り上げられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 01:28
「政治家」小沢一郎は死んだ?
 「文藝春秋 3月号」(文藝春秋社 刊)では、「政治家」小沢一郎は死んだ」の特集タイトルで、立花隆が書いていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/20 23:19
谷垣総裁の時代錯誤
 「小沢氏喚問なければ審議拒否も〜谷垣総裁」というニュースが流れていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/19 03:08
御用ジャーナリストの詭弁
 「新潮45 3月号」(新潮社 刊)の【特集】憤懣! 小沢一郎劇場の中の記事を読んで、呆れてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/18 18:30
週刊誌の紐解く小沢・検察劇場ーその5
 さきほどコンビニに行ったので、ついでに「週刊朝日2月26日号」(朝日新聞出版 刊)に目を通してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/16 00:01
週刊誌の紐解く小沢・検察劇場ーその4
 小沢一郎不起訴から日がたち、週刊誌にも変化が現れました。特に、「週刊ポスト02/26日号」(小学館 刊)では、”「小沢逮捕」に踊ったマスコミ「赤っ恥ランク」を検証する”と題して、マスコミの取材と報道に関して、いかにずさんな報道をしていたのか、ようやく語り始めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/15 00:52
オープン・ガバメント・イニシアティブ
 週刊ダイヤモンドのオンライン版を見てびっくりしました。『つぶやくだけの鳩山首相とは大違い! オバマ政権の政府支出“まる裸”大作戦』という記事で、また何やら鳩山批判かと思いましたが、批判は批判でも、何か、民主党が取るべき方向ではないかと思ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/14 20:55
与謝野の本性が露呈
 下劣にも、自民党の与謝野は、鳩山首相を追求するあまり、ヤクザとか脱税王とか、それまで、多少は、この人は出来る人なのかと思っていたら、そこらへんのチンピラのいいがかりと同レベルだということを露呈してしまいましたね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/13 15:38
市民団体
 ”市民団体は申し立ての中で、「事件は政治資金の流れについて国民に多くの疑惑を抱かせており、社会的影響は大きい。検察庁の判断は国民目線に立っておらず、不起訴は到底納得できない」と述べ、小沢氏を起訴するよう求めている”と、産経新聞の2010/02/12 19:29配信で、述べていますが、一体、この市民団体って何? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 14:54
説明責任 
 何やら、小沢一郎関連で説明義務が小沢一郎側にあるようなことばかり報道されていrますが、どなたかが書いていましたが、検察が一体何と何を問題にし、どれを説明しろというのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/12 19:06
上に立つ者
 「つりコミック3月号」(辰巳出版 刊)の『大漁丸』(ありま猛 著)は、大沢幹事長がお忍びで大漁丸に乗り込み、ばれてしまうという話になっていました。もちろん、小沢一郎が先だって釣り船に乗ったことを題材にしている訳ですが、読んでいくと、著者が小沢一郎に対して好意的であるのがよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/12 01:58
週刊誌の紐解く小沢・検察劇場ーその3
 今日は、コンビニで、「週刊新潮2月18日号」(新潮社 刊)と「週刊文春2月18日号」(文藝春秋社 刊)を読んできました。2誌とも基調は同じで、世論調査の結果で70%が小沢一郎の辞任を要求されているということを捉えて、『世論は7割辞めろ! 居直り「小沢一郎」幹事長が“総書記”になる日』とか『小沢一郎「高笑い」 特捜部は何をしているのか 国民の7割が「辞任せよ!」』といったキャッチを掲げていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 03:08
週刊誌の紐解く小沢・検察劇場ーその2
 今日は、コンビニに、週刊朝日とサンデー毎日が入っていたので、早速読み比べてみました。「サンデー毎日2月21日号」(毎日新聞 刊)では、『▼特捜部長「狙い撃ちでない」の大ウソ 特捜「完敗」で始まる検事総長「クビ切り」』ということで、昨年の西松事件以来、一年に及ぶ検察の捜査が、明確に小沢つぶしであったことを書いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/08 23:23
週刊誌の紐解く小沢・検察劇場
 今日もローソンへ明日の朝食を買いに。600円以上で商品があたるくじをやっているのですが、何とか2商品をゲットです。というのはどうでもいいのですが、早速、最新号の週刊ポストと週刊現代を見てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/08 02:29
写真誌DAYS JAPANの存亡
 「DAYS JAPAN 2月号」を開けると、大人の北極熊が、幼い北極熊のちぎれた頭を咥え、血をしたたらしている姿が目に飛び込んできます。温暖化の影響である旨のキャプションが付け加えられています。これが、自然自体の摂理なのか、温暖化の影響なのかは、この写真だけでは分りませんが、咥えられた小熊の顔と咥えている熊の顔とが、悲しそうに見えるのは、単なる感情移入なんでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 18:41
小沢一郎秘書の起訴は妥当なのか
 小沢一郎関連で、検察に勾留されている3人に対し、起訴の決定がされたというニュースが報じられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 19:02
東京地検の悪あがき
 ”東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」”(2月3日15時52分配信 J-CASTニュース)という報道がされていたので、びっくりしました。この件では、Twitterも大賑わいのようですが、なんでも、抗議だけではなく、週刊朝日の編集長に出頭要請があり、朝日新聞側が、週刊朝日に対して、出頭要請があったことは公開するなと圧力をかけたのだそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/03 18:38
小沢は進退を伺うな!!!!
 まtまた、枝野、前原あたりが、くだらないことを言っているようで、残念です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/01 01:19
ストーリーテラーのほころび
 「ストーリーテラー」と言えば、「聴きたい!」と思わせる魅力的な雰囲気を感じるものなんですが、どうも、今回の地検特捜部の小沢一郎を主人公としたストーリーには、もういい加減にしたらと思わせる、嫌悪感が出てくるようになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 21:32
何が何だか?
 どうもよく分らない。何がというと、今、民主党幹事長の小沢一郎に対して、国会に証人として呼ぶとか、何か、もっとひどいことをさんざんやっていた(と、まぁ、誰もが思う)自民党に、そんなことを言う資格があるのかということから、そもそも、検察はn何を理由に、小沢一郎秘書を検挙し続けているのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 02:06
最後のタイ残留日本兵
 「文藝春秋 2月号」(文藝春秋社 刊)は、気になる「10年後の日本復活はなるか」といっったタイトルに目が行き、何を持って復活というのか、などと思いながらめくってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/10 02:20
広島の被爆者中村さんの記録
 「DAYS JAPAN 12月号」(デイズジャパン 刊)には、福島 菊次郎さんの写真が、掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 16:18
新型バブル警報
 「Newsweek 日本語版 2009.11.25号」(阪急コミュニケーションズ 刊)の特集タイトル『新型バブル警報』が、現在のミニ好況を危惧しており、早速、読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/19 01:01
次世代スーパーコンピュータ予算
 「週 週刊新潮 2009年11月26日号」(新潮社 刊)で、『事業仕分けで梯子を外され激怒したノーベル化学賞「野依教授」』 という記事が目に入り、読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/18 04:12
同和と銀行
 「同和と銀行 三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録」(森 功 著/講談社 刊)は、日ごろ、お世話になり、いや収奪されているのかもしれない銀行という組織が、まさに、白竜などの漫画が描く世界が、本当であるかのように思わせる現実の姿を描いている驚愕の本と言えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/14 19:05
冷泉家のひみつ
 「芸術新潮 11月号」(新潮社 刊)の特集、『京都千年のタイムカプセル 冷泉家のひみつ』とあり、冷泉家という名前は知っていたのですが、どういった家系なのかということは知りませんでしたので、どれどれと思って読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/05 19:19
既得権益
 民主党政権になってから、当然のことながら様々なことが雑誌・週刊誌に取り上げられています。今日、本屋さんの経済誌のコーナーを見たら、「週刊エコノミスト 11月10日号」(毎日新聞社 刊)が『道路の終焉』で、「週刊 東洋経済 11月7日特大号」(東洋経済新報社 刊)が『崩れる既得権 膨張する利権』で、そろって、これまでの政官業の利権構造に対する変化を取り上げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 21:54
小沢一郎 「新闇将軍」の研究
 立花 隆が「文藝春秋 11月号」に『小沢一郎 「新闇将軍」の研究 』という文章を掲載しているという新聞広告を見ていたので、早速、本屋さんで読んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 17:53
さらば栄光のトップガン
 「Neesweek 2009/10/14号」(阪急コミュニケーションズ 刊)で、小さい記事ですが、『さらば栄光のトップガン』という、アメリカ空軍の現状を書いているのを見て、やはりと思ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/07 01:13
八ツ場ダム
 先ほど、ゴミ捨ての後で、現在発売されている、週刊朝日(八ツ場ダムの隠された真実)、サンデー毎日(八ツ場ダム 国交省の大ウソ)、週刊現代(■鳩山内閣 新・抵抗勢力と格闘!)、週刊ポスト(八ツ場ダム中止反対住民「〈国交官僚・ゼネコンと〉背信のゴルフコンペ」)を、コンビニで見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/05 23:37
村上春樹と小坂修平の1968年
 「村上春樹と小坂修平の1968年」(とよだ もとゆき 著/新泉社 刊)という本を、数週間ほど前に買い求めtていたのですが、ようやく読み終わることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 19:37
売国者たちの末路
 「売国者たちの末路」(副島 隆彦, 植草 一秀 著/祥伝社 刊)を読んできました。この本では、植草 一秀との対談集であるということで、何を言っているのかと思っていました。それにしても、小林 よしのりの「日本を貶めた10人の売国政治家」といい、なんですぐに、 売国とか国辱とか、言うんでしょうかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/01 19:33
大衆の選択
 「現代思想2009年11月号」(青土社 刊)の特集は、”政権交代”ということで、吉本隆明が寄稿しているということだったので、残り少ない西友リブロに行って読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 16:36
竹中平蔵「パソナ会長〈就任〉」の独り勝ち
 「週刊ポスト 09/18日号」(小学館 刊)は、当然のことながら、民主党政権に関する記事でまとめているのですが、その中でも、”竹中平蔵「パソナ会長〈就任〉」の独り勝ち”を読むと、小泉ー竹中改革が、いかに個人の欲望の産物だったかがよく分かったような気がします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/13 17:55
歴史としての「全共闘」
 「中央公論 10月号」(中央公論社 刊9では、特集"歴史としての「全共闘"」で。3本の記事が掲載されていました。最初は、大日方 公男さんによる吉本 隆明へのインタビュー記事で、『天皇制・共産党・戦後民主主義』というタイトルです。60年安保の時などと異なり、全共闘が、右翼でも左翼でもなく、天皇制を相対化・無化したことを取り上げていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/11 01:30
宇宙から金属弾頭の豪雨が降る
 「軍事研究 2009年10月号」(ジャパン・ミリタリー・レビュー 刊)を見て驚きました。特集の『オバマ新戦略兵器CSMと在日米空軍』の中で、”宇宙から金属弾頭の豪雨が降る 弾道弾に代わる非核攻撃ミサイルCSM 低い宇宙空間を飛び地球全体を射程圏内に入れ、様々な弾頭を雨のように降らす!”(岡部 いさく 著)に書いてある、CSM(Conventional Strike Missile)というものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/09/11 00:44
ニッポンの団地
 「週刊 ダイヤモンド 2009年 09/09/05号」(ダイヤモンド社 刊)は、以前から問題となっている団地A関して、『限界集落化に歯止めをかけろ! 「ニッポンの団地」を全解剖』ということで、特集を組んでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/06 18:25
大きなものが崩れる時
朝日新聞出版のPR誌「一冊の本 9月号」の”行雲流水録 第九十九回” 『大きなものが崩れる時』で、橋本 治さんは、今回の衆議院選挙に関し、公示前の段階の原稿なのですが、すでに自民党の敗北を、つまり、小泉選挙が「勝ちすぎ」だったから、前回以上の価値はなく「負け」は決まっているが、どれだけ幕もむかが問題だということを言っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 23:37
「愛と革命」リッダ!
 「月刊 現代」の後継誌として「g2」(講談社 刊)が創刊され本屋さんに並んでいました。明らかに、現代とは異なり、本格的な論文集めて編集されており、活字も大きくなったような気がして読みやすい感じがしました。ただし、論文ということが大きいのでしょうが、グラフ誌と異なり、文字が多いので読み切るには大変かなぁという気になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/05 00:24
ニュールンベルグ裁判
 つい先日、チャンネルを回していたら、NHKのBS映画をやっていました。どうも「ニュールンベルグ裁判(Judgment at Nuremberg)」のようで、話には聞いたことはあるのですが、見たことはなかったので、終りまで見てしまいました。当然のことながら、実際の記録映画ではないフィクションなのですが、幾つかのことを考えさせられました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/23 18:20
三バカ大将の息子
「創 09年9・10月号」(創出版 刊)に、一水会最高顧問の鈴木 邦男が連載している”言論の覚悟”を読んで、そいうえば、彼らはなくなってしまったんだなぁとつくづく時の流れを感じてしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/20 18:30
新保険証と臓器提供
 今朝の朝日新聞の投書欄に、健康保険証が新しくなり、その裏面に臓器提供の意思表示をチェックして書き込む欄が新設されていたことへの違和感を書かれていた人があり、まったく同感しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/16 15:28
占領下日本
 「占領下日本」(半藤 一利、保阪 正康、 松本 健一、竹内 修司 著/筑摩書房 刊)が、半藤 一利コーナーに何冊もおかれていて目を引いたので、ちょっと厚かったのですが、数章を読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/15 16:27
「領空と宇宙」宇宙は実効支配できるのか?
 「軍事研究 2009年9月号」(ジャパンミリタリーレビュー 刊)では、江藤 巖さんが、『テポドンは領空侵犯ではない! 「領空と宇宙」宇宙は実効支配できるのか?』という論文を掲載していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 00:35
働く幸せ
 「働く幸せ-仕事でいちばん大切なこと 」(大山 泰弘 著/WAVE出版 刊)という本を朝日新聞の広告(?)で見ていた様な気がしたので、あれ、これがそうかと思い、読み飛ばそうかと思って手に取ったのですが、結局、1ページ目から、全頁読み切ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/08/03 16:23
昆虫を食べる
 8月号の「新潮45」(新潮社 刊)は、面白かった。まず、トップ記事である、『【独占手記】国政に突きつけた果たし状 我が闘争/東国原英夫 著』では、彼が、かなり前から、森 喜朗をはじめとする自民党幹部から出馬を要請されていたこと、森 喜朗などが地方の疲弊に関して理解がありわかっていると感じ、出馬に前向きになったことが述べられています。特に、ほとんどの県の予算が、国との絡みで自由になるわけではなく、知事の裁量権があるのは30億円程度であり、予算の1%程度しかないことといった、現在の圧倒的な中央集権... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 15:01
吉本隆明のDNA
 「吉本隆明のDNA」(藤生 京子 著/朝日新聞出版 刊)という本が、ブックファーストの吉本本の書棚に1冊差し込まれていました。この本は、著者が吉本隆明に何らかの影響を受けたと思われる人にインタビューをしたものをもとに、各人の吉本に対する言葉を書きつづったものです。つまり、肯定・否定にかかわらず、各インタビューされる人の中にある吉本のDNA、吉本の思想の痕跡を見出そうとする試みです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 02:01
1968(上〉
 「1968〈上〉 - 若者たちの叛乱とその背景」(小熊 英二 著/新曜社 刊)は、A5判 1091ページという、数冊重ねれば本屋さんの書架を落ちそうになるほど厚い本で、しかも、これは上巻で、今月末には、同じ程度のボリュームの下巻が発行される予定なのだそうです。さすがに、読み応えがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/13 20:38
愚直の信念
 先日、郵便受けを見ると何やら厚いものがのぞいています。取り出してみると、一冊の本でした。忘れていたのですが、PHP研究所のプレゼントの景品でした。「愚直の信念」(江田 憲司 著/PHP研究所 刊)という本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 20:44
史観宰相論
 太宰と並び、生誕100年である松本清張の本も、今、本屋さんの特設コーナーに並べられています。そんな中、「史観宰相論」(松本 清張 著/筑摩書房 刊)を読んでみました。どうも、歴史的なものは苦手なのですが、麻生首相の自己中心的な居直りの姿を見ていると、それを許している国民と合わせて、宰相には、何が求められるのかということが疑問になってきましたので、丁度、いい機会だと思って読んだ次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 02:03
数値化した評価は正しいのか?
 「ZAITEN 7月号」(財界展望社 刊)を見てみると、特集が、”大学「絶対絶命」 ”となっていました。特集の目次を抜き出すと次のようになっています。 国立:“地方大学は破綻寸前”拡大する「経営格差」 国立:“地方大学は破綻寸前”拡大する「経営格差」 私立:“財務・資産運用の泥沼 私立:“総定員充足率が示す「危ない大学」 公立:財政難に受験者減 法人化でトラブル多発 文部科学省を悩ませ続ける東北大学総長「論文不正」疑惑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 02:58
在イラク小川大使、標的に!!
 「DAY JAPAN 7月号」(デイズジャパン 刊)には、気になる記事が載っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/20 16:59
父子、無理心中。
 産経新聞 6月17日17時54分配信 の記事で、父子4人が、無理心中したのではないかと書かれていました。  16日午後3時ごろ、広島市西区のマンションの一室で、無職の男性(41)と双子の男児(4)、女児(3)の計4人が死亡しているのが見つかった。遺書とみられる文章が書かれていたノートがあったことから、同署は男性が無理心中をはかったとみている。  発見者は、この男性の両親ということでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/18 03:38
ブラック・ウォーターからXeへ!
 表紙写真に、なにやら凛々しい制服姿の2人の軍人の姿が写っていて、おや、海上自衛隊かと思いましたが、中国の軍人でした。”中国海軍駆逐艦「広州」の武装当直”と表紙説明にありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/12 23:00
天皇制と進化論
 「天皇制と進化論」(右田 裕規 著/青弓社 刊)は、著者の修士論文に加筆訂正したのだということでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/29 20:11
乞う! 日本列島再生論
 NHK”立体生中継 地球LIVE  「第2部 地球の肺 海が危ない!」”を見ました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/05 01:31
あえて言う「いま小沢が辞めたら民主主義の敗北だ
 「週刊朝日 2009年5月15日号」では、『続・検察の劣化』Tで、連続して、西松建設がらみの問題を取り上げていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/03 01:23
戦前の政党政治
 最近、大川 周明や北 一輝などの著作物が、書店の棚に多く並べられるような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/24 19:52
家のない少女たち
 本の表紙を見ると、鈴木 大介という作者の名前が書いてあったので、何気なく足を止めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 21:03
官僚の腐敗を助長する言葉なき為政者
 『◆言葉なき政治の貧困/内田樹』が目に入り、読んでみると、ほぼ賛成できる内容でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/19 20:20
黒い手帳
 「黒い手帳」(矢野 絢也 著/講談社 刊)を読んでみた。というのは、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/04/13 16:59
誠つながり!
 誠といっても、新撰組ではありません。芸能人の北野 誠が、テレビラジオなどの番組を下ろされ、危機的な状況になっているというインターネットのk字を見たので、何でなのかなぁと思って、検索をしてみたが、まったく理由が出てきません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/13 16:26
家元制度の金脈・人脈
 まったくもって無知でした。茶道というものが、実は、男がするものであったということを、最初から、男も女もなくするものだと思っていたので、逆に、女性がおこなうのは、最近になってからなんだと認識させられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/12 15:34
爆弾よりも本を!
 「SAPIO 04/22日号」は、”誰が「総理」を殺すのか!?”という、この雑誌特有の言葉遣いの特集を組んでいます。つまり、”官僚かメディアか「世論調査」かアメリカか”ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/10 19:35
近代日本の思想的水脈としての日蓮主義
 ブックファーストの哲学の書棚を見ていると、青い表紙の単行本というより、厚手の雑誌という体の本を見つけ抜き出してみると「RATIO6」という題字でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/09 19:30
幻の1940年計画
 「幻の1940年計画 -太平洋戦争の前夜、“奇跡の都市”が誕生した」( 指南役 著 /アスペクト  刊)は、日本のエポックメーキングの年であった1940年に焦点を当て、その年に開催され、あるいは起工されう予定だった4大事業の発案の経緯から、戦争がなく、予定通りそれらが実現していたらどうだったかということを、描いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/08 17:39
共犯新聞が面白い
 『共犯新聞』というホームページを偶然見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/04 18:38
「共和制」ってこんなもんだったんだろうか?
 「一冊の本 4月号」(朝日新聞出版 刊)の連載に、橋本 治の『行雲流水録 第94回』があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/02 02:45
週刊 世界百不思議
 「週刊 世界百不思議」(講談社 刊)という本が、あり、『隠されたUFO事件を暴く!』と表紙にあったので、何か新しいことでもと思って読んでみました。  何でも、50号まで続くそうで、世界には、不思議なことが、そんなにあるのかと思うのと同時に、これを買うのか? と思ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/05 19:21
閉ざされたナショナリズム
 「SIGHT」(39号9では、元経済企画庁長官の田中 秀征さんによる政治状況の話から始まっています。  渡辺 喜美氏の単独での離党に関し、行革を進めたがゆえの現在の自民党での限界を感じたものであり、妥当な行動であると賛同しています。  さらに、江田 憲司氏と結びつくことは、大きな意味を持ち、注目されることだと言っています。  「民意」か「官意」かが問われているのであり、何をするにせよ、行政改革、官僚改革が焦眉の課題であるとのことでした。    なし崩しの公務員改革、郵政改革を見せられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 00:35
GDP10%減 大津波が来る
 NIKKEINETによれば、「GDPマイナス12.7% 10―12月実質年率、35年ぶりの減少率 」といううタイトルで、次のように書かれています。  ”内閣府が16日発表した2008年10―12月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比3.3%減、年率換算で12.7%減となった。3四半期連続のマイナス成長で、減少率は第1次石油危機時だった1974年1―3月期の年率13.1%減に続く約35年ぶりの大きさ。金融危機をきっかけにした世界不況の影響で輸出が過去最大の落ち込み... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/22 16:14
音響兵器
 アイスランドの65%の人が商業捕鯨の再開を望んでいるというニュースが流れていたので、やはり、捕鯨国ではそうだなぁと思ってみていました。  個人的には、昔、鯨肉を食べて、食あたりをして以来、食べようと思わないので、捕鯨がなくても、一向に困らないのですが。社会的に見たら、どうなのかは、別問題なんでしょうね。  で、捕鯨の是非を問うのではなく、関連ニュースで、日本の調査捕鯨に対するシーシェパードの行動に関する記事があり、オーストラリアで、日本要請に基づき、シーシェパードの船舶に対する捜索が行われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/21 17:27
オバマのベトナム
 「NewsWeek 2009-2・18号(2/12発売) 」は、『オバマのベトナム』のタイトルが目を引きました。  誰もが感じるであろう、イラク撤退からアフガン増派を謳っているオバマ政権にとって、アフガンがベトナム戦争の二の舞になるのではないかという危惧を取り上げています。  ”戦闘で勝って戦争に負けたといわれているベトナム戦争ですが、アフガンがそうなっているという指摘もされています。  戦争に勝てばいいというものではないでしょうがね。  ベトナム戦争時の50万の派遣に比べれば、6万人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/15 18:08
特攻隊だった僕がいま若者に伝えたいこと
 「特攻隊だった僕がいま若者に伝えたいこと」(田 英夫 著)を読んできました。実は、田さんに、それほど興味を持ったことが無かったので、特攻隊員であったことも知りませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 15:22
14歳のための日本国憲法
 「DAYS JAPAN 2007年8月号」の特集は、『14歳のための日本国憲法』となっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2007/07/21 18:45
私たち、日本共産党の味方です。
 宮本 顕治元日本共産党議長がなくなりました。98歳。老衰との事。偶然にも、今日、書店で、「私たち、日本共産党の味方です。」(筆坂 秀世、 鈴木 邦男 著)という本を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/18 17:18
経済週刊誌に見る社会
 経済関係の最新号の週刊誌を見ると、こんなになっているのかと改めて考えさせられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/09 20:20
反省 私たちはなぜ失敗したのか?
 「反省 私たちはなぜ失敗したのか? 」(鈴木 宗男、佐藤 優 著)を見ると、外務省の仕事というのが、どんなものであるのか、あまりにも知らないことに驚愕してしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/21 18:28
サラリーマン政商
 「サラリーマン政商 -宮内義彦の光と影-」(森 功 著)は、この間まで、規制改革・民間開放推進会議議長を勤めていた、オリックス会長・宮内 義彦の怪しさを追求しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 19:35
おけがさまで生かされて
 「おけがさまで生かされて」(ペマ・ギャルポ 著 )は、テレビでたまに見かけるペマ・ギャルポさんの本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/13 17:21
石井元館長の収監で思う
 K-1の正道会館・石井元館長が、11日、東京拘置所に収監されたそうです。石井元館長は、約3億円の脱税事件を起し、法人税法違反と証拠隠滅教唆の罪で懲役1年10月の実刑判決が、昨年の12月24日に確定していたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 22:59
年金、1億件未入力
 「3000件中、数件で食い違い」と、7日の参院厚生労働委員会で、柳沢厚労相が年金記録サンプル調査の途中経過を報告したそうです。何でも5件未満ということで、正式の公表は、来週になるとの事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/09 00:50
我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る
 本屋さんの本棚に差し込まれていると、目立たないので残念なのですが、「我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る −防衛省元幹部3人の志ー」(小池 清彦・竹岡 勝美・箕輪 登 著)を読んでみた。”防衛省元幹部”が、どう語っているのかと思い興味を持ったからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 17:03
白竜
 「漫画 ゴラクネクスター 2007年 07月号」が、コンビニの店頭に並べられたので、早速、『白竜』(天王寺 大 著、渡辺 みちお 絵)を読んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/29 17:33
石綿健康被害救済のための一般拠出金
 今日は、今年度の労災・雇用保険の提出書類を記入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 19:55
国民投票法案の成立
 「国民投票法案」が成立しましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/14 19:22
稚拙な国民投票法案を成立させていいのでしょうか?
 毎日新聞 5月10日19時57分配信の「<国民投票法案>14日成立へ」を読むと、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/05/10 20:31
国民投票法案、憲法特委で可決
 「衆院憲法調査特別委員会は12日夕、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、与党と民主党の両修正案の採決を行い、与党案を自民、公明両党の賛成多数で可決した。 」とYahooニュースで報じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/13 00:09

トップへ | みんなの「政治」ブログ

SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
遍照金剛 政治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる