テーマ:超能力

現代のスピリチュアリズム

 「ルポ 現代のスピリチュアリズム」(織田 淳太郎 著/宝島社 刊)の表紙を見て。またスピリチュアルかとは思いながら、嫌いではないので、つい読んでしまいました。  目次は、以下のようになっています。 第1章 「世間」と超常なる世界の対峙(「ユリ・ゲラ-」と動いた腕時計の秒針;「超能力少年」清田益章氏の回想 ほか) 第2章 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金龍山 白蛇殿

 昨日、川崎大師に行ってきました。途中、港町では、港町タワーマンションの工事と思える光景が駅裏に展開していました。何か、地面いっぱいに、X字型のテトラポットのようなものが並び、クレーンで動かしていました。でも、なかなかこの光景が、以前来た時と変わりありませんね。一体、いつマンションはできるんでしょうか?  さて、川崎大師駅を降り、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脳科学から見た「気功」の正体

 ”夢が勝手にかなう「気功」洗脳術”(苫米地 英人 著/マキノ出版 刊)の新聞広告が鳥瞰にあったせいでしょうか、ブックファーストでちらっと見たら、ついつい読んでしまいました。  『脳科学から見た「気功」の正体 』ということでしたが、う~ん、どこが脳科学なのかなぁという気になってしまいましたね。  情報としての”気”ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A・NO・YO

 新潮45別冊で「A・NO・YO」という本が出ていました。江原 啓之さんが責任編集となっています。  江原 啓之という人は、テレビでしか見たことがない人で、また、新たな宜保 愛子かと思い、あまり興味は持っていませんでした。  どうも、あの体型といい、雰囲気といい、霊能力者というような感じではなかったので、テレビでも、霊の存在…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more