遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 播磨弁護士の真っ当な意見

<<   作成日時 : 2010/10/26 12:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝日新聞朝刊(2010/10/26)の「私の視点」欄に弁護士の播磨さんという方が、小沢一郎強制起訴に関する検察審査会の議決に関して、そもそも、この制度は憲法違反ではないかと述べられています。

 つまり、検察審査会に公訴権を与えていることが、責任の所在がない、つまり検察官が無茶苦茶をしたら、職権乱用罪など責任が発生するが、検察審査会のような、いわば公聴会的な性格のもので、審査会自体の決定に責任を問うようないなっていない組織に、極めて人権を阻害する可能性がある公訴権を付与していることがおかしいと、まさに正論を述べていました。

 もし、強制起訴で無罪となったら、故なく裁判にかけられた人の人権や名誉、その間に被った損害を、検察審査会や審査委員が、どう責任を取るのか? と疑問を呈しています。

 第2弁護士会の3人の指定弁護士は、はっきりいって、こういった三権分立という子供にも分かる法治国家日本の基本的な事も分らないのならば、即刻、弁護士などやめた方がいいのではないでしょうか。

 強制起訴が決まって、ひと安心したのか、朝日新聞は、空気抜きで、このような意見を掲載しましたが、別の頁では、これまでの強制起訴の例を取り、検察が、検察官役の弁護士に非協力的であったという事を、大きく報道しています。

 それは当たり前で、検察が起訴したくなかったものだったからでしょう。

 今回の小沢一郎の場合には、起訴したくても”出来ない“ということが明らかなので、起訴しなかったのですから、積極的に協力するに決まっているではないですか。

 こんなことを書いて、もし無罪になったら、非協力的であった検察のせいにしようと、つまらない事を画策しているんでしょうかね。

 なにせ、検察審査会のような制度は、朝日新聞にとって、あたかも市民を代表するように見せかけて、好き勝手が言える便利な組織なので、使いまわしたいんでしょう、きっと。



激突! 検察、暴力団、弁護士会……タブーの権力と対峙した弁護士の事件簿
光文社
猪狩 俊郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 激突! 検察、暴力団、弁護士会……タブーの権力と対峙した弁護士の事件簿 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
播磨弁護士の真っ当な意見 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる