遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 武器輸出3原則、緩和方針で一致?

<<   作成日時 : 2010/10/23 13:51   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 やはりドル箱は軍事品の製造輸出という本音を出してきたようです。

 北澤防衛大臣の先日の発言に続き、市民派・菅総理は、「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会(安保懇)」の意見に沿い、なし崩し的に自民党化を進めているようですね。

 その理由が、「日本だけが武器輸出を禁じることが世界平和に貢献するという考えは一面的で、適切な防衛装備の協力や援助の効果を認識すべきだ」なんていう欺瞞に満ちたものです。

 「適切な防衛装備の協力や援助の効果」とは何か。

 その本質は、軍需産業を興隆し、軍需資本を肥大化させることではないでしょうか?

 武器製造輸出に支えられた国民生活がおかしくないのか、果たして、これからの世界の安定と平和に貢献するのか、安易に、決めるのがいいのでしょうか?

 菅政権になり、着々と、粛々と、市民派という疑惑のフレームの上で、自民党がなしえてこなかったことを進めています。

 マスコミ + 菅政権 + 官僚 + 財界

が一つになり、ただただ、軍需産業の肥大化を図ろうとしている姿がそこにあります。

 「日本だけが武器輸出を禁じることが世界平和に貢献するという考えは一面的」という論点が成立するならば、「経済大国である日本だけが核武装しないことが世界平和に貢献するという考えは一面的」に拡張されるのは見え見えです。

 武器輸出3原則は、その基本的な理念を放棄してはいけない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
武器輸出3原則、緩和方針で一致? 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる