遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治とカネが世代間の対立ではない

<<   作成日時 : 2010/10/12 16:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝日新聞夕刊(2010/10/12)で、民主党の小林千代美前衆院議員が北海道教職員組合の違法献金事件などで辞職したことに伴う選挙で、「政治とカネ」を性懲りもなく持ち出し、政治とカネが世代間の対立であるかのようないい加減な報道をしています。

 政治とカネが世代間の対立ではないことは、政治とカネが、否応なく関連してしまう社会だからにすぎません。要するに、カネ、というものが人間にとって欲望の対象である限り、無くなるわけがありません。

 カネのない社会、欲望のない社会でない限り、関連がなくなるわけがないのはあたりませですね。

 不正なカネというものを問題にする限り、全ての献金を禁止し、すべて税金で賄うという事になるわけですが、果たして、それで表向きの不正が取り除かれても、裏で行う事が考えられますね。

 ですから、政治とカネは、ほどほどにするしかないのではないですかね。

 重箱のスミをほじくり返すようなことまでする必然性があるのでしょうか?

 今、北海道で問われるべきは、政治とカネではなく、北方領土や経済の活性化、強いて挙げれば、鈴木宗男に対する検察の疑惑捜査と裁判ではないでしょうか?

 何でもかんでも、政治とカネで、マスコミの巨悪を覆い隠そうとする朝日新聞の姿勢に、喝!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
政治とカネが世代間の対立ではない 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる