遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 検察審の不可解を問う

<<   作成日時 : 2010/10/12 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「サンデー毎日 10月24日号」(毎日新聞社 刊)を見て驚きました。何故なら、久しぶりに、小沢一郎の検察審査会議決に対して、その危険性を訴える誌面作りだったからです。

  『◇小沢強制起訴 検察審の不可解を問う』と題して、元裁判官、元特捜検事、ジャーナリストらによる座談会が掲載されていました。

 一様に、公訴権を持った検察審査会のチェック機能がない組織の危うさを問題にしています。

 やはり、通常は誰もがおかしいと思う、感情による起訴判定ができてし舞うという恐ろしさを述べていました。

 まさに、中世に戻ったような”魔女狩り”という闇黒裁判を想起せざるを得ません。

 また、この検察審査会の審査員の平均年齢が30.9歳と極端に低くなっていることを、現実の国民平均年齢が40歳をはるかに超えているという事を考えると異常であり、このような平均年齢構成になる確率を専門家が計算すると、ほとんどありえない確率になることを言っていました。

 裁判員制度よりはるかに秘密性が高い検察審査会なるものの持つ権力を恐ろしさを問題にしなければならないのではないでしょうか?

 この検察審査会の議決書に異論を持たない法曹人やジャーナリストは、既得権益こそが大切であり、法の平等や真実の追求をないがしろにする人物と思われても仕方がないでしょうね。

 そもそも、こんな議決書を書いた弁護士に弁護士としての資格を与えているのがおかしいですね。

 橋下知事ではないですが、弁護士会は懲戒処分でしょう。まったく。



「権力」に操られる検察 (双葉新書)
双葉社
三井環

ユーザレビュー:
「解体的見直し」では ...
検察は既に小沢氏に大 ...
権力の闇を暴くタイム ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「権力」に操られる検察 (双葉新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
検察審の不可解を問う 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる