NTVのニュース報道を見てびっくり!!

粕谷(?)解説委員なる人が出てきて、
小沢一郎は説明責任を果たせ、
検察が不起訴とし検察審査会が起訴すべきとしたということは、検察が不起訴としたから小沢の政治的責任がないのではなく、政治責任がある、
とか、全くおかしなことを言っています。

何を説明するんでしょうか?

一体、どこの部分を説明すればいいんでしょうか?

この人たちの言っていることは、何が法に抵触する問題なのかを的確に言わないで、あいまいに表現することで、口を開けば、資金のでどこがおかしいといっているようですが、法に抵触しているというのは、4億円の記載が前年度ではなく、翌年度になっているという点だけであり、その他のことは、全く問題にされていないわけです。

こんなことだけで、一人の人間を、何年も被疑者のような状態に置くばかりか、マスコミ総出でネガティブキャンペーンを行い、小沢の政治生命を葬り去ろうとしているにすぎません。

街頭インタビューで、いみじくも、OL風の女性が言っていましたが、周りに不正が一杯あるのに、小沢だけ埒外だなんていうことはないということでしたが、秘書3人が、すでに有罪で、起訴された事件が犯罪であったということを頭から信じているそぶりでした。

こんな怖い事があっていいのでしょうか?

徹底的にネガティブキャンペーンを行って、あたかも犯罪が行われたということを刷り込み、このままでは、国会が紛糾して、色々な懸案事項が解決しないから、早く小沢一郎は止めろと言わんばかりでした。

この人たちの、如何にも正義面した、それこそ悪意に満ちた言動を聞いていると、おそらく昔の非国民と騒ぎ立てたのと同じ役目を、こんなニュースキャスターや解説委員がやっているんでしょうね。

尖閣も、経済の停滞も、懸案事項も、それが一番大事なら、何で小沢一郎の事を持ち出して国会審議を進めないんでしょうか。

この解説委員は間違っています。

今、小沢のことに取り掛かっている時間などないのだから、くだらない質問などしないで、自民党などは、粛々と法案審議を行うべきだ、というのが、彼の主張すべき点ではないですかね。

馬鹿の一つ覚えみたいに、説明責任、説明責任、政治的責任、政治的責任、と連呼していますが、それこそ、何と何が法に抵触し、その証拠は、これとこれと提出すればいいんですよ。

何で、本人はやっていないと言っているんですから、説明責任も政治責任も言っても何の意味もないですね。

犯罪があると言っている人が、具体的な事柄、日にち、それは犯罪であるという証拠を出すのが当たり前でしょう。

いつから、モノの道理が分らない馬鹿な国民の集まりになったんでしょうか。

この記事へのトラックバック