市民の名を騙った闇黒裁判の始まり

 検察審査会は、何を持って起訴相当としたのか、いよいよ、闇黒裁判というか市民の名をかたった不当決議で、数人の素人が何故、そんなことを決められるのか、暗い時代になりましたね。

 今回の決定は、そういった意味で歴史に残るでしょう。

 これで民主党のどうにもならない政権が数か月先には、崩壊するのは目に見えています。

 もし崩壊しないとすれば、ひたすら旧自民党と同じ道を菅が歩いて、国民を最大不幸に陥れる時でしょう。

 その時は、まさに、官僚天下、米国天下ですね。

 馬鹿な民主党議員の罪は重いでしょう。

 検察審査会の可視化が絶対に必要ですね。

 それから、申請者の実態と補助弁護士の姿は公開しなければ、市民の名を騙った違法な起訴で、冤罪を増やすだけでしょう。

この記事へのトラックバック