ユセフ・トルコが面白い

 「kamipro No.151」(エンターブレイン 刊)は、REINAという女性シュートボクサーが表紙を飾っています。若いのに、強いらしいですね。素晴らしいものです。

 ところで、”☆燃え盛るオスマントルコ魂再び! ユセフ・トルコ ―― 「それでも私は猪木を殺すまで死ねない!」”というインタビュー記事が面白かったですね。

 すっかり忘れていましたが、80歳という事ですが、言う事が元気でいいですね。

 デストロイヤーのパーティーに猪木が来なかった事から始まり、猪木をけちょんけちょんに貶しています。

 猪木は弱い、強いのは馬場さんだと、まぁ、巷間思われていることとは真反対の言葉が連続して出てきます。

 木村政彦などと柔拳というものをやっており、昔のプロレスは、猪木など目ではない、と豪語していましたね。

 突然、大山にも言及し、大山バイタツなんて弱い、強いのは力道山だと言ったり、この人でなければ言えないようなことを言っていて、読んでいると面白いですね。

 80なので、あと2~3年だと言いながら、元気そうで何よりです。


kamipro No.151 (エンターブレインムック)
エンターブレイン
2010-09-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by kamipro No.151 (エンターブレインムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック