国民を裏切る菅政権

 ”いらだつ首相「超法規的措置は取れないのか」”『読売新聞 9月25日(土)3時16分配信』と読売オンラインが報じています。

 この報道を見る限り、温家宝を始めとした中国の強硬策を読み切れていなかった菅政権の狼狽ぶりを世界に披歴したに過ぎないという気になりました。

 菅ー仙谷が、一地方検察局の判断で外交をするなんて言う事がないのはすぐにわかるのに、見え透いた嘘で国民をだまし、アジア諸国の期待を裏切ったつけは、大きいものと思われます。

 このままでは、戦争になると、ビビったんだとか?

 馬鹿な、軍事的な戦争になるわけないじゃないですか。

 経済戦争という意味でならあるでしょうが、レアメタルを禁輸したり、邦人を拉致したり、そんなことでビビっていては、どうにもならないでしょう。

 前原、岡田も何の役にも立たないばかりか、アメリカに騒ぐなと言われて、はいはいと聞いているような感じです。

 こんな政権では、公務員改革も何も出来っこないです。

 誰が応援して、こんな政権を継続させたのか。

 結局、菅市民派代表は、最後には、市民を投げ捨ててしまうという体質を示しましたね。

 どうするんでしょうか?

 少なくとも、フジタの社員と交換でしょう。

 なんで、駐日大使を呼び付け抗議しないのか、不思議ですね。

この記事へのトラックバック