検察劣日 = 新聞劣日

 朝日新聞(2010/9/24)朝刊の『検察劣日』のページでは、3人の人が意見をんべていました。

 一人目は、先の法務大臣千葉景子で、特捜部の形は本当に必要かということで、必要に応じて、検事を集めた特別チームを作ればいいのではという事のようでした。

 検察の独断的な正義感が異常であると言い、在任中の事でもあったので、責任を感じるという事でしたが、検察と法務省は、他の省庁のような本省と外庁のような関係ではないので、直接指揮するわけにはいかないという事を述べています。

 では、誰が、検察の暴走を防げるのか、どういう制度が望まれるのか、と思えば、この人、検察が自ら始めなければならないという結論でした。

 それは、政治が司法の独立を阻害してはいけないという事を重要視しているからのようです。

 え! ですね。

 だから、在任期間中、死刑執行しかできなかったんですね。

 取り調べの可視化、検事の任命方法、裁判官と検察との関係など、問題点は一杯あるではないですか。

 それを論じることがいけないんですかね。

 じゃぁ、何で法務大臣だったんでしょうか? 

 それに比べれば、若狭勝さんの論点は、さすがに実務を行ってきた人だと思う意見で、通常は、警察が操作し、検察がチェックするという形だが、特捜の場合、この2つを1人が行わなければならないという事に問題があると指摘しています。

 どうしても、自分の都合のいい様に物事を評価してしまいがちになるということでした。

 それから、昨今の検察の人事制度の問題も指摘し、検事の能力が低くなってきている事を上げています。

 能力低下は困ったもんです。

 そして最後に、和久峻三さんが、自白調書は作文に過ぎない、と題して、調書が被疑者本人の自筆ではないことを取り上げていました。

 つまり、自筆ではない取調官の書いたものであるという前提で、調書は取り扱われるべきではないかという事ではないでしょうか。

 まぁ、自筆の物は、名前か拇印位でしょうから、警察を含めて、取り調べ調書は、取調官の作文であるということを、証拠としては考えなければいけないんでしょうね。

 検察劣日もいいですが、新聞劣日を言った方が身分相応でしょう。



我が人生の調書—元副検事の検察庁顛末記
冬至書房
梅室 圭三

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 我が人生の調書—元副検事の検察庁顛末記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

検事調書の余白〈2〉法の涙 (朝日文庫)
朝日新聞社
佐藤 道夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検事調書の余白〈2〉法の涙 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

取調べ可視化論の現在
現代人文社
小坂井 久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 取調べ可視化論の現在 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 検察 批判

    Excerpt: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 | 検察は「犯罪でっちあげ機関」に堕した ... このことは、証拠を捏造して無実の人を罪に陥れる重大な犯罪的行為を検察が実行していたと表現することができます。個人の行為なのか.. Weblog: イイとこドリ!ニュースダイジェスト racked: 2010-09-24 08:41