首をひねる報道姿勢

 「尖閣衝突 中国頼みの企業焦り」とニュースが流れてきましたが、ちょっと前までは、「具体的な影響は出ていない」という報道が多かったのに変だなぁという気になりました。

 何でも、”中国に進出した日本企業へのデモや不買運動などの恐れもあり、中国頼みの業績回復を模索する日本企業の懸念は深い”という事なんですが、こんなこと、真っ先に分ることで、何をいまさらという感じですね。

 テレビでは、中国の抗議行動の映像しか流れませんが、何で、そんな煽情的な場面しか流さないんでしょうか?

 煽情的なことなら、日本でも、反中国ということで気勢を上げる人達がいるのが当たり前で、そういう風にマスコミは扇動したいんでしょうか?

 尖閣衝突の領有権の問題が、中国と他のアジアの国が抱えているそれぞれの諸島の問題と同じ構造が一つにはあり、大国・中国が、周辺諸国に経済的・政治的・軍事的圧力をかける姿が、大国・中国にふさわしくない、ということを提示しつつ、尖閣衝突の正当な領有権が日本にあることを何度も言う事、そして、今回の船長の拘留に関しては、故意に船舶を巡視船に当てたビデオを公開すればいいんじゃないでしょうか。

 石原都知事のように、中国はヤクザと同じだとか、挑発する言辞を弄しても仕方ないという気がしますがね。

 粛々と国内法にのっとり調べるのは当然として、外交的配慮、日本正当性をもっと、表示すべきでしょうね。

 相手をヤクザなんて、それこそヤクザのように言うのはやめて、中国の大国主義が、決して、アジア全体の平和にはならないことを、うまくアピールするのが一番でしょう。

 それにしても、何でマスコミは、中国の半日抗議のシーンばかり放送したり報道したりするんですかね。

この記事へのトラックバック