国民を奴隷の道に誘う民主党員

 外出から戻ってきたら、民主党代表選の開票をやっていました。

 党員・サポータが50ほどで、地方議員票が50ほど、国会議員票が200ほど、合計で500ポイントしか小沢一郎は取れなかったみたいですね。

 党員・サポータの票が大きく割れたわけですが、圧倒的なマスコミの力によるところが大きいのでしょうね。

 誤った選択をしてしまいました。これで、日本の政治も社会も大きく後退し、消費税増税、中小零細企業の倒産と大企業の寡占化となってしまいますね。

 そもそも、品性のない選挙を行う人達に、何の志があるのか?

 クリーンを売り物にした菅政権のほころびがすぐに出てきますね。仙谷に続き、おそらく、菅のカネを追及するものが出てくるでしょう。そして、普天間とカネで混乱するのが目に見えています。

 これで、米国隷属、官僚主導、経済悪化、検察国家と闇黒社会に民主党は国民を落し込むというわけですね。

 菅が官僚に取り込まれた政治しかしないのですから、小沢一郎は、新党を結成すべきだと言う気がします。

 これで、マスコミを調子に上げさせないためにも。

この記事へのトラックバック