13歳からの反社会学

 「13歳からの反社会学」(パオロ・マッツァリーノ 著/角川書店 刊)の表紙を見たら、パオロ・マッツァリーノさんの本ではないですか、反社会学って何と思って読んでみました。

 今、大手マスコミが盛んに世論調査、世論調査と騒ぎ立ててて、あたかも、それが全国民の総意であるかのように言っている、数字・データに関するものでした。

 統計・調査数字を無視する馬鹿と全信頼を置く馬鹿とを批判し、数字の裏側に潜む真実を考えることが重要であるという事を、分りやすく、例によって、漫談風に述べています。

 地見屋という話が前半で語られます。一体何なのかと思ったら、お金を拾って生活をしていた人のことを言うんだそうです。

 もう江戸時代にはいて、早朝に、町を歩いてお金を拾っていたん名dそうです。何故なら、夜、お金を落とすと暗いので、そのままになることが多く、早朝ならば、落ちている度合いが大きかったので、早朝に拾い集めたんだとか。

 そういう人を『地見屋(ちけんや)』と読んだんだそうです。

 そういえば、昔、競馬場や場外馬券売り場などで落ちている馬券を拾っている人がいましたし、電車の券売機のつり銭出口をまさぐっている人がいましたね。

 最近は、カードなんかになって、そういう拾う事が困難になったので、見かけることが少ないのだとか。


13歳からの反社会学
角川書店(角川グループパブリッシング)
パオロ・マッツァリーノ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 13歳からの反社会学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






反社会学講座
イースト・プレス
パオロ・マッツァリーノ

ユーザレビュー:
単なる中傷にならない ...
ん〜複雑系という本を ...
スーペーさんでも手に ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 反社会学講座 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

反社会学の不埒な研究報告
二見書房
パオロ・マッツァリーノ

ユーザレビュー:
知性は寄席からやって ...
やっぱり面白い!『反 ...
一番キレているのは? ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 反社会学の不埒な研究報告 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック