産経新聞のちぐぐはぐ

 民主党の代表選挙に絡んで、『“剛腕”小沢氏なら円安 民主代表選控え、市場に介入警戒感』という見出しのニュースが流れていました。

 円安で何を警戒するのか、不思議だなぁ? と思って読んでみたら、ま逆ですね。

 『市場では、「小沢氏なら単独介入に躊躇せず、日銀にも一段の金融緩和をやらせる可能性が高い」(エコノミスト)とする“小沢氏支持派”が多いようだ。』(産経新聞 9月13日(月)11時36分配信)

と結んでいるではないですか。

 これって警戒感ではなく期待感っていうんじゃないんですかね?

 私の感覚がおかしいのでしょうか?

 記事とタイトルをつける人が違うんでしょうか?

 産経新聞らしいといえば言えるのですがね。

*2010/9/14

 どうも私が勘違いしたみたいで、日本に取っていいか悪いかではなく、政策的に市場に介入して操作することを、市場が警戒するということですね。

この記事へのトラックバック