何人も大日如来の故郷へ戻るんでしょうか?

 今月は、川崎大師に行っていなかったので、午後、出かけました。

 新聞で、環八の踏切もなくなり、京急蒲田から下りも高架になったというようなことが書いてあったような気がしたので、それも見てみたいと思ったという事もあります。

 イトーヨーカドーの宝くじ売り場で、サマージャンボの交換。見事300円でした。

 その足で、銀行へ。税理士さんに決算報告書作成費を振り込み、う~ん、いい値段です。が、自分でするよりいいかなぁと思っています。

 その足で、大森海岸駅から電車に乗り、平和島で、羽田行きに乗り換えるために、普通電車を降りて急行が来るのを待っていました。

 ベンチで、女性が携帯電話で話をしていました。これが、大きい声で、2mほど離れて立っている私の耳に聞こえてきてしまいます。

 最初は、誰かに、食事に誘われて、私は働いているんだから、平日の昼間っからいけないよ、よくさそってくるねぇ~など、誰かの悪口を言っているみたいでした。

 すると、AちゃんとBちゃんがママ来ないのって言うんだ。とかと聞こえてきました。

 どうも、話の内容では、子供二人を置いて離婚した人みたいで、子供の問いかけに対して、行かないと行ったら、ママはノブ君が好きなんだ、と言われたと聞こえてきたので、ノブ君っていう子供が、この2人の子供のほかにいて、兄弟姉妹の好き嫌いを言っているのかと思ったのですが、どうも違っていました。

 このノブ君というのは、電話をしている女性がいま一緒に暮らしている男性らしいことが分りました。

 子供が、ママはパパよりノブ君が好きなんでしょう。だったら、5人で暮らさない、って言うんだと聞こえてきます。

 馬鹿言うんじゃないよ、って子供に言ったんだそうです。

 ノブ君に、子供に言われた話をしたら、”何言ってるんだ、あいつと3Pをするのか、俺は、あいつにお前の体に触れててほしくないって”、と自慢げに電話の相手にしゃべっていました。

 髪の毛が前に垂れていて、顔を下にして携帯に話をしていたので、顔を見ることはできなかったのですが。

 何を、ほざいているんだ! と思いましたね。

 何が、ノブ君だ!

 同じ電車に乗りましたが、私は、京急蒲田で快速に乗り換えるのでおりました。

 何を考えているんだと思いながら、川崎大師に行きましたら、ちょうど2:30の護摩供養が始まるところだったので、本堂に、暑い、10人ほどの人たちが、座って、護摩供養が始まるまでの坊さんの話を聞いています。

 何故か、みな、後ろの方で、畳のほとんどが空いています。まっしょう面も嫌だったので、少しはす向かいの真ん中に座って、坊さんの話に耳を傾けました。

 見ると、若い坊さんで、上っているのか、話が早く、よく聞き取れないし、早く終わりそうになって困っている様子がうかがえます。

 法話の練習みたいなもんですかね。

 ”南無大師遍照金剛”のお題目を唱えてくださいという事で、来ている人の数が少ないので、気にはなったのですが、私以外、誰も唱えません。

 言いだしてしまったので、最後までお題目を唱えてしまいました。

 でも、空いているときはいいもので、本尊をめぐる時には、坊さんが、それぞれの仏さんの前で立ち止まり、お題目を先導して唱えてくれますので、いっぱい人がいる時みたいに、我先に、というのがなくて良かったですね。

 護摩供養を終え、本堂の外にで、しょうづかの婆さんと水子観音にお参りをし、そのまま裏門から出ようかと思いましたが、池を回って、行こうと思い、反転して歩き出しました。

 途中、猫が数疋佇んでいるので、ちょっかいを出し、池を覗きこみ、ハトを蹴散らし、自動販売機のコーナーへ一直線です。

 サイダーを買い一気のみです。何しろ暑い。

 川崎大師駅のホームに入って上り線電車を待っていると、下り線の電車が入ってきて止まりました。何気なく見ていると、各車両から水が落ちています。

 トイレがあるわけでもないのに、と思ったら、あれは、クーラーの水なんでしょうかね。

 ”阿字の子が 阿字の古里 立ち出でて また立ち帰る 阿字の古里”が、今月の言葉だそうで、私たちは、みな大日如来から生まれ、大日如来の下に戻っていく身なだとか。

この記事へのトラックバック