遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 何故、今、鈴木宗男の判決が出されるのか!

<<   作成日時 : 2010/09/08 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

鈴木宗男衆院議員の斡旋収賄罪等での上告を、最高裁が上告を棄却する決定をした、というニュースが流れていました。

 またまた、民主党の代表選挙の時に、よくやるなぁという感じがします。

 鈴木宗男をここでたたくことで、間接的に、小沢一郎があやしいという世論を喚起する狙いでは? と疑いたくなるタイミングです。

 きっと、小沢一郎には、汚いカネが動いているんだろうという、またまた姑息なやり方ですね。

 官僚に魂を抜きとられた千葉法相の差し金? なんて考えすぎでしょうか。

 10日には、おそらく村木元厚生局長の無罪判決が出て、検察の無謀な検挙や取り調べ、冤罪の声が高くなると困るので、その前に、鈴木宗男で世論誘導ですか。

 誰が書いたシナリオだか。

 このことを決めた判事は、次の国民審査では、ノー、を言わなくては、あまりにも政治判断すぎるやり方何で。

 それにしても、村木さんを陥れた検事や、検察審査会で小沢一郎の審査の補助弁護士をした元検察官(不動産登記の法律的な問題をしらないというでたらめぶり)など、他人の人生を狂わしておきながら、何の罪にも問われないという、暴力団の脅しより酷い(暴力団はつかまりますが、検察官は、密室でし放題)ことをしながらも、ぬくぬくと検察官を務め弁護士になれるなんて言う事があっていいもんでしょうか?

 検察資格審査会(検察審査会ではなく検察官を審査する機関)がるそうですが、なんと、総務省から法務省の管轄になったんだそうです。

 これでは、検察官の暴挙は止まりませんね。

 取り調べの全面可視化と検察官の資格審査・任命方法など、大いに改革の余地がありますね。

 それにしても、千葉法務大臣は、在任中、何をやっていたんでしょうか?

 自説を曲げて官僚支配に落ちた姿は、菅首相と瓜二つではないでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
官僚の醜さに頭の痛くなった昨夜でした。一般省だと、たった2年の事務次官をめざし、政党や政治家の顔色をうかがいつつ、生涯をかけていく。レースの勝敗はあっても、最低でも特権を維持していきます。決定が昨日に及んだのは法務大臣の了解もあったはずです。最高裁判事には元外務官僚もいるようです。佐藤優氏と宗男さんへの不当攻撃に対しては、法律手順と文章上は正しくても正しくないことがあるのだとの市民意識も打ち砕き、菅内閣官房からもクレームもつかないしとの認識にて、決定を出しました。誰が今後政治家として、物語を創作しての国策捜査の間違いを訴えていくのか。。寂しいものがありますが、悪はいつかは滅びるとの気持を持つしかありませんね。日本法曹界の官側の特権がいけないことであるとの認識も以前より高まりつつありますし。千葉さんのすることたくさんあるようですが、いい権力行使は死刑執行もあり、してませんねー。
さとし君
2010/09/09 15:55
さとし君さん、こんばんは。
検察官の任命制度、審査制度などの在り方や、取り調べる、というか権力を行使できる人間の過失・故意に対する責任などを明確にする制度を考えないといけないような気がしますね。
小沢一郎のことを密室ということで批判するなら、権力側の密室性というもの、もっと問題にしないと、検察・警察国家になってしまうような気がします。
ただし、裁判官の選挙での国民審査みたいなものだと、正直言って、誰がなにをしたとか分りにくいので、例えば、検察官を審査できるにしても、何か工夫がいるのかもしれません。
よくわからないのが、日本裁判制度が、基本的に検察官の上げてくる証拠を優先し、有罪率が高いという事も、もう一度検討する必要があるのではないでしょうか?
あまりにも政治的な判断が多すぎるような気がして、仕方ありません。
風来末
2010/09/10 00:02
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
何故、今、鈴木宗男の判決が出されるのか! 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる