何故、政治介入しないのか!

 答弁も追求も可笑しいのでは?

 今日(2010/9/30)の衆院予算委員会で、菅首相が中国漁船衝突事件の中国人船長の釈放に関して、政治介入をしていない、仙谷官房長官も、刑事捜査に対する政治介入は一切していないと答弁したんだとか。

 那覇地検が、外務省の日中関係の説明も含めて考慮できる形になっていて、検察として判断したのだよ言う事も言っています。

 まずおかしいのは、日本が公式的に、尖閣諸島の領有権は日本固有であり、犯罪は日本の国内での問題だとするならば、検察が外務省の日中関係の説明を勘案して、という文言は意味をなさない事になります。

 しかしながら、検察にそのようなことをさせたということは、日中間で、どうであれ政治的な問題になるという事が予測されたから聞いたわけではないんでしょうか?

 そもそも国内案件に外務省が出てくること自体が矛盾しているわけです。

 現実的には、不合理な中国側の言い分にしても、これまで色々あったわけですから、政治的な問題なることは充分分っていたはずではないんでしょうか?

 そうであるならば、問題は、政治介入したかしないかではなく、適切な政治介入を何故しなかったか、ということでしょう。

 追及する側も答弁する側も、全く、問題の本質が分っていないんですね。

 政治主導をうたいながら、それこそ、一番政治主導をしなければならない外交問題に、何故、政治主導を発揮しないかこそが問題なんでは!!

この記事へのトラックバック