菅政権と記者クラブの同時解体!!

 誰が馬鹿なのか知りませんが、民主党の政治資金報告書(?)が出てきて、週刊誌をはじめ、新聞をにぎわしています。

 組織対策費の名目で、お金が政治家個人に流れていると、この額が多くなったのは、小沢一郎が幹事長になってからだと、この不明確な内容をただせという事のようでした。

 民主党は、政党補助費が多いから、このお金も税金だと息巻いていましたね。

 どうもよくわからないのは、組織対策費として科目が認められていること、いつから多くなろうが、その家には家の事情があり、増える場合だってあるではないですか。

 ぐだぐだ言うのなら、明細と証拠物件を添付するシステムに変えればいいではないですか。運用規則かなんかを改めればいいだけでしょう。

 政党補助費も認められている費用で、共産党のように、収奪とは言いませんが、組織員から上納(?)させている形式ではない限り、お金が必要なんで認められているわけですね。

 政治にお金が必要でない社会になれば別ですが、必要なお金は、どこからか集めてくるしかないわjけです。

 共産党のような組織にするか、宗教法人ような形態にするか、もし、政党補助金を廃止したら、そうするしかないわけで、社会全体を考えれば、どのような集金形態をとるかしかないわけですね。

 政党補助金というのは、ある程度小さな政党でも、政治信条を持って議員になれることを助けているわけで、額の問題を問題にするのは、議員定数を問題にするのと同じように、考えないといけないのかもしれませんが、この時期に、突然出てくる話ではないでしょう。

 では、民主党以外の政党では組織対策費はないんですか?

 あからさまな、菅 + 官僚 + マスコミの嫌がらせですね。

 荒井聡国家戦略相のキャミソール代修正はどうなんですか。

 朝日新聞では不思議なことに、仙谷の実態のない事務所経費の問題を取り上げていましたが、それは、どうなんですか?

 小手先で、日本の行く末を見つめず、矮小なデータを流し、何か対応をしているふりをしているにすぎない菅政権は、マスコミが、どんなに庇おうとしても、利益享受者同士の醜い談合としか映っていないことに気がつかないんでしょうか。

 こんな器の小さい菅を選ぼうとしている民主党員の気が知れませんね。

 菅政権と記者クラブの同時解体でしょう。

この記事へのトラックバック