脳の「神話」にご注意を!

 「Newton 2010年10月号」(ニュートン社 刊9に、”脳の「神話」にご注意を! 世の中にあふれる脳の「俗説」  科学的な根拠はあるのか?”(協力 坂井 克之)というタイトルが目次にあったので、早速読んでみました。

 今、脳の事が色々と分りだし始めたという事で、脳科学者をはじめ、様々な本やテレビ番組で能に関して語られています。

 特に、脳を機能的にとらえて、部位による違いなどを説明するものが多いように感じます。

 まず、この記事では、脳について、というか、私のように頭が良くない人間にはあこがれる、脳は10%しか普段使用していないから、これをもっと高めるようにすれば頭が良くなるのではないかと思っている人間に、喝!でした。

 何を持って100%というのかわからないし、もし脳の全領域の活性が高くなったら、頭はおかしくなってしまうでしょうということでした。

 つまり、脳が活性化していないように見えても、実は、脳というのは、部分だけで機能しているのではなく、不活性に見るような部位とも関連を持って機能しているので、不活性には不活性の理由があり、もし、脳の全領域が活性化されたらおかしくなるという事のようです。

 また、脳を活性化する図としてMRIの色グラフが良く出てきますが、あれは、基準値を変えれば、活性化で表示される量が簡単に変えられるという事と、直前のものと比較しているだけの表示にしか過ぎないということでした。

 脳も、部位だけ独立して機能しているわけではないので、そんな単純に、脳をとらえることはできないんだなぁと思いなおしました。

 脳トレもはやりましたが、これも、筋肉のように脳は鍛えることができないんだそうです。

 超速聞き取りなど、結局、脳が良くなっているわけではないんですかね。

 「手書き+音読」

が、一番いいと、自分では思っているのですが!?

 それにしても、頭がいいというのは、何を指して言うんでしょうか?


Newton (ニュートン) 2010年 10月号 [雑誌]
ニュートンプレス
2010-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Newton (ニュートン) 2010年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







脳が活性化する日本語パズル(クロスワード編)
楽天ブックス
商品副データ元気脳練習帳川島隆太学研マーケティングこの著者の新着メールを登録する発行年月:2005年

楽天市場 by 脳が活性化する日本語パズル(クロスワード編) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

七田式全脳活性法超高速モーツァルト・メソッド
楽天ブックス
七田真シンコーミュージック・エンタテイメントこの著者の新着メールを登録する発行年月:2006年03月

楽天市場 by 七田式全脳活性法超高速モーツァルト・メソッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック