装丁を語る。

 「装丁を語る。 」(鈴木 成一 著/イーストプレス 刊)という、著者名とタイトルが白いバック地に縦組みに入っているだけの装丁の本があり、何を語るのかと思って読んでみました。

 著者は、25年以上に及びブックデザイナーとして本の装丁をしてきたそうで、これまでに手掛けた本は、8、000冊に及ぶんだとか。

 その中から選ばれた、表紙の写真と、そのブックデザインをしたコンセプトが描かれています。

 見ていくと、あれ、この本も、あの本も、著者がデザインしたんだと驚いてしまいました。

 一つ一つの本に合わせて、デザインしていく、それは、本を読んで、著者が感じた、本の遡及点を表現していると言っていいのかもしれません。

 いや、よく本を読んで、的確にデザインできるもんだと感心してしまいます。

 ご自分の息子さんにタイトルやコピーを手書きで書かせたり、絵画展にて画家を発掘したり、あくまでも本が訴える内容を、考えられる最高の方法で表現しようとする姿がそこにはあります。

 表紙に布っぽいものを使ったり、表紙のテクスチャーにも工夫を凝らし、ブックデザインというものが、こんな風にして心血を注いで作られるもんなんだなぁと改めて感心してしまいました。

 この本では、色々な本のブックデザインが、何故、そうでなければならなかったかが要領よくまとめて書いてあり、読めば読むほど、納得してしまいます。


装丁を語る。
イースト・プレス
鈴木 成一

ユーザレビュー:
いい本右ページには装 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 装丁を語る。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






装丁の仕事169人 (玄光社MOOK WORKBOOK ON BOOKS 7)
玄光社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 装丁の仕事169人 (玄光社MOOK WORKBOOK ON BOOKS 7) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

デザイナーをめざす人の装丁・ブックデザイン (MdN DESIGN BASICS)
MdN
熊沢 正人 / 清原 一隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デザイナーをめざす人の装丁・ブックデザイン (MdN DESIGN BASICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック