官邸敗北

 「官邸敗北」(長谷川 幸洋 著/講談社 刊)は、鳩山政権の官僚への敗北を描いたものです。

 鳩山政権に対する、既得権益擁護としか見えない官僚の対応の問題など、納得させられるところも多いのですが、最後の方で、小沢一郎の二重権力支配という部分は、どうも首をひねってしまいます。

 マスコミにも、あたかも、鳩山が小沢の傀儡であり、実質の権力は小沢がにぎっているというような二重権力、小沢=うさんくさい人間といった風潮を作り上げてきたが、本書も、結局はそこに落ち込んでいて、残念としか言いようがないですね。

 何を指して二重権力というのか、さっぱりわかりませんし、何を持ってそう言うのか、多くの推量でしかない事のように思えるのですが、どうなんでしょうか?

 田中、金丸と師事してきたから、小沢は同じ穴のむじなだと立花のようなロートル評論家、つまり、上杉隆がいみじくも言っていたように、何も真摯に調べるということなく、思いこみと自分の利益のみでしかものを言えなくなった評論家と同じではいけないでしょう。

 作られた小沢一郎のイメージを出るものではない著者の態度が残念ですね。

 ブッシュのポチを自任した小泉政権を二重権力として揶揄するのはいいでしょうが、鳩山、小沢の何が二重権力なんでしょうか?

 著者が書くべきは、「記者クラブの敗北」ではないでしょうかね。

 いかにして、ジャーナリストを捨て、官僚・自民党の走狗になり果てたのか、です。


官邸敗北
講談社
長谷川 幸洋

ユーザレビュー:
官政権 民主党が誕生 ...
現在の国内政局を読み ...
政治家の力不足を批判 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 官邸敗北 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック