遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 富の偏在と腐敗

<<   作成日時 : 2010/08/19 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「Newsweek 2010年8月25日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)の表紙に、『いま、読みたい本』というタイトルが書いてあったので、どれどれと思ってみたら、海外のタイトルばかりが並んでいます。

 ほとんど知らない本ばかりでした。そうか、日本の本はないのだと思って、しかたないなぁとあきらめましたが、その他の記事でなるほどと思う事がありました。

 アメリカにしても、一部企業業績は上向いていても、一向に失業者が減らないということに端的に見られるように、そこに生まれる富の偏在の問題がクローズアップされます。

 同じように、新興国では、縁故資本主義というように、一部有力者が、富を集中して独占するという傾向があり、例えば、中国の億万長者のほとんどが中国共産党の関係者であるように、富の再分配がなされていない繁栄というものの実態を論じています。

 よくよく考えれば、日本も全くその通りで、トヨタなどの輸出・海外投資企業では、会社は儲かっても、日本社会には富が還元されないという構造、大企業の繁栄と中小企業の低迷による失業の増大は、まさに、現在の資本主義が抱えている限界を示しているのではないでしょうか。

「景気回復の夏」の寒すぎる現実

アメリカ経済 一部の企業が業績を伸ばしたが、国民の暮らし向きは良くならない
経済はカーテンの陰で腐敗する

新興国 巨大独占企業への富の偏在と腐敗を放置すれば、成長は止まりかねない

を読むと、先進国も新興国も富の分配という、古くて新しい問題が浮上していると感じます。


Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 8/25号 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ
2010-08-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 8/25号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
富の偏在と腐敗 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる