遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 電池交換式EVタクシー

<<   作成日時 : 2010/08/18 02:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日産リーフの発売が12月と迫ってきている中、「av (アクティブビークル) 2010年 10月号」(交通タイムス社 刊)では、日本交通が1600台のタクシーの中に、日産の3台の電池交換式EVタクシーを実験的に使用している体験記事が掲載されていました。

 現状では、色々な問題が発生するようですが、運用のノウハウの蓄積で回避できるのではという報告でした。

 一番の問題は、タクシーという運行自体でお金を得るという道具であるので、これまでの他の車と比較して、採算が取れるのかということ、及び、電池の持続時間の問題で、そのたびに充電していたのでは、営業的に使用できないという事のようです。

 後者は、この記事の目的でもあります電池交換式という方法でさけられるのかということで、レポートでは、交換式であれば数分の問題なので、それほど問題にならないという結論でした。

 前者の採算の問題も、現状のLPG車と比較して、それほど差はないという事が言われていました。

 この実験に参加している運転手さんの中には、電気自動車の運転が気に入った人もいるようで、このまま電気自動車でいきたいという人もいて、車としては、いい出だしと言えるのではないでしょうか?

 ただ、他の自動車雑誌で、サム三谷さんが、アメリカという長距離ドライブが意味を持つ国では、やはり、航続距離の問題が払しょくできないので、EVカーよりは水素自動車が本命ではないかという事を語っていて、EVカーの現在の限界を危惧していました。

 しかし、一旦、普及し始めた技術は、急速な進歩を遂げるもので、あっという間に、カメラの解像度も一桁も大きくなったり、携帯電話も本当に携帯できるサイズになったりしていますので、EVカーが普及した3年後には、大きく電池の能力もあがっているし、インフラも整備されているのではないでしょうかね。

 今までとは違う電池自動車の実用化の時代といっていいのではないでしょうか。

 この日本交通のタクシーが来たら乗ってみたくなってしまいました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
電池交換式EVタクシー 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる