遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅政権延命!? 朝日新聞

<<   作成日時 : 2010/08/16 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 あからさまな菅政権延命・擁護を図る朝日新聞の社説を読んでいると、底が割れているのに気がつかないのかと、その鈍さに驚いてしまいます。

 今朝の社説では、総選挙〜総選挙までを総理大臣の交代をしないにという提言を行っていました。

 現状の総理という立場が、国民と党という両面に対応しなくてはならず、非常に大変であると同時に党内事情で、止めざるを得ない、ひいては頻繁な総理交代が起き国民の不利益をもたらす、という事を理由に挙げていました。

 自民党末期の交代劇、民主党の交代劇と、確かに、表面上はそう思いがちですが、本当に、そんなに問題であり、よくあることなんでしょうか?

 まず、この社説を書いた人は、大統領制でない以上、政党のトップが総理になるということを、根本的な問題ではなく、小手先で解消しようとしています。つまり、現在の総理がころころ変わるという、その現象だけを問題にしています。もし、指摘のように変更するならば、制度自体を大幅に見直すことが必要ではないでしょうか?

 そして、このころころ変わるということで、変るという事のデメリットばかり強調していますが、本当にそうでしょうか?

 そもそも、ころころ変わるというのは、その政権与党が駄目だという末期症状を表しているのですから、実は、解散総選挙という事を行わないといけない状況にあるという事ではないでしょうか?

 また、ころころ変わる要因の一つに、大手マスメディアが扇動しているような感じもあり、朝日新聞が、今までやってきたことをなんら見直すことなく、無責任な事を言うのはどうかと思います。

 これでは、菅政権延命によって利益をこうむるのは朝日新聞、いや社説を書いている幹部社員ですと公言しているようなものではないですかね。

 民主党の代表選がまじかに迫り、このような小沢一郎阻止の態度をとる朝日新聞のあからさまな干渉に不快感を覚えてしまいます。



公務員大崩落 (朝日新書)
朝日新聞出版
中野 雅至

ユーザレビュー:
公務員擁護とルサンテ ...
公務員バッシングの先 ...
危機感のない地方公務 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 公務員大崩落 (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党 奸・韓・漢・菅政権下、官房機密費の効果が如実に表れた典型例です。
のど自慢
2010/08/16 17:29
のど自慢さん、はじめまして。
官房機密費は自民党政権時代からの問題で、今更、菅総理だけのことではないと思いますので、それ以外の大きな共通利益を考えた方がいいのではないでしょうか。
風来末
2010/08/16 19:47
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
菅政権延命!? 朝日新聞 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる