遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 中小企業倒産の悲哀

<<   作成日時 : 2010/08/01 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 「中小企業倒産の悲哀」というページを東京経済株式会社のサイトで見ました。

 何でも、東京目黒の(株)ヤマイチという会社が、6月18日に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立てたのだそうです。

 負債総額は8億9,000万円で、会長・社長からの借入金が1億2,000万円に上っていて、会長と社長は全財産を会社へつぎ込み”丸裸”の状態なんだとか書いてありました。

 このサイトのページでは、倒産前にしこたま自己資産をため込んだり、詐欺まがいに負債を投資家に分散させたりしている例がありながら、周りの迷惑を最小限にするべく、丸裸になったこの会社の社長・会長の行為を賛美していました。

 細かな状況が分らないので、このことが言葉通りだったら、偉いとしか言いようがありません。

 しかし、この会社よりも零細な会社・事業主では、おそらく、全財産をつぎ込んで、どうにもならなくなった経営者がいっぱいいるものともわれます。

 もっとずるい倒産の仕方があったのにという事を言っているんだと思いますが、ずるい倒産の方法が見つからない、零細企業事業者は、首をくくるしかないんでしょうかね。

 雇用労働者と異なり、何の救済策もない零細・小企業の在り方は、日本の産業構造がいかに脆弱であるかを物語っているようで、このあたりを修正していかない限り、雇用の増大も新産業の創出もないのではないでしょうか。

 預貯金をはたき、普通に借りられる借り入れ当然のこと、そんな経営者の実態をどこまで、政治が分っているのやら。

 スポーツ庁も結構、そんな官僚・公務員の杜撰な計画や思いつきに隠れ、タイトロープを渡っている多くの人の事を考えなくてはいけないんじゃないですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
風来未さんの7/31のレスの
>産業の在り方を含めて、資本主義の次の姿を求めない限り。。。
このレスには心に響きました。今の自民には無理ですが、兵器でも使ってはならぬものを条約で国際取極をしてるように、カジノ経済そのものを示す、複雑な金融化商品の禁止や基幹材料・食糧の先物取引禁止のことをG8で話でもして貰いたいですね。世界の「変」なところに金回りがいいだけなように感じてます。
いつの日本政府も中小を救うとか言います。これは良かったなどの実体は一度もないですね。地方、中小バンクの利用者への回答は、やはり担保ですね。メガバンクには税を貸していながら。。
さとし君
2010/08/02 05:28
さとし君さん、こんにちは。
巣鴨信用金庫が、巣鴨の商店への行員出向の販売補助や貸し出しを積極的に行うなどで、預金残高が増えたという事を言っていました。
貸し出しを担保でしか判断しない銀行がほとんどという中、逆に、思いやりをサービスとして、貸し出しも行うということで、評判を呼んでいるとの事でしたね。
こういう小さな信用金庫という部分に、本当に重要な銀行業務の中核を任せてしまって、政府や大手銀行は何をしているのだか。
やればやったで、木村剛みたいな竹中平蔵厚顔経済評論家のいいなりで、結局、血税が無駄になることばかり。
少しは、まともな政治家・官僚というものがいないものなんでしょうか。
風来末
2010/08/02 12:04
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
中小企業倒産の悲哀 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる