遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 電子書籍元年

<<   作成日時 : 2010/07/07 13:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 「電子書籍元年 ― iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?」(田代 真人 著/インプレスジャパン  刊)を読んでみました。現在の問題点を取り上げており、夢ばかりの取り上げ方ではなく好感が持てます。

 乱立するフォーマット、DRMの違い、配本・流通形態の違い、そして、一番の表示上の問題である、日本語表記の関して言及しており、こと、日本語に限れば、いまでも、明確ではないような気がしました。

 日本電子出版協会(JEPA)が、W3Cに対して、ePub仕様に縦組みやルビなどの技術要素を仕様に盛り込むように提案しており、近々、盛り込まれるようですが、何度、こんなことが繰り返されるのかと思うと、日本語の特殊性を考えてしまいます。

 幾多の欧米の組版ソフトが、日本語化でこけてしまうというのと裏腹に、日本語の組版ソフトが世界に広まらないという、まぁ、よくいわれるガラパゴスソフトになってしまう典型ですね。

 ルビなど、漢字圏では、感じの読み方(発音)を表したり、機能的には使用できると思うので、何とか、日本語の機能が世界性を持つように出来ないものなのかなぁという気がしてしまいます。

 どうも、電子書籍端末の最終問題は、その点に行きつくのではないでしょうか?

 漢字の字体の複雑さを見れば、画面解像度など、機械自体の問題もあるでしょうが、日本語の表記の仕方(縦組み、割注、ルビ、禁則など)のソフト的な問題が、やはり最後まで尾を引くような気がします。

 ePub自体は、XHTML + CSS のファイルをzip形式で圧縮しているということで、オープンであり、確かにいいものと思いますが、上記の日本語仕様が、どう反映されるかですね。

 そのほか、日本での携帯小説などといった特殊な普及形態や、従来からあるT-Timeなどの電子書籍といった日本固有の電子書籍の普及の現状などもとありあげられています。

 一番、なるほどなぁと思ったのが、実際の紙を使用した書籍の販売金額と制作コスト、想定される利益などの比較シュミレーションの部分で、いかにも電子書籍の作成は安価であり、儲けが多いような言葉が流通していますが、決して、そんなことはないという事がよくわかります。

 そして、一番危険だなぁと思ったのが、AmazonやApple等の仕組みであり、彼らの訳のわからない検閲があることや購入した電子書籍を勝手に削除できるという機能が付いているということでした。

 グーグルは、書籍になったものだけを電子本化するのだそうで、これは、書籍自体の品質を維持するためであると同時、グーグルの設立動機であるあらゆるものを電子図書館で検索をする、という検索できる環境を作るというスタンスにあるようです。

 著者も述べているように、辞書や事典など検索ベースのものと、小説など読むことを中心としたものなど電子書籍端末に求められる要求は事なっており、私は、「軽く、薄く、折り曲げ可能 + メモ + 蛍光ペン」が、最低限、電子書籍リーダーに求められる機能ではないかと思っています。価格の安さも必要です。失くしても負担にならない程度の金額。

 マルチメディア系のものは、現在の携帯電話かスマートフォンに集約され、リーダーとは別になっていくような気がしますね、

 この本は、全体的に、電子書籍の問題点が書かれているので、一読する価値はありそうです。

 それに比べ、今日(2010/7/7)の朝日新聞の朝刊に書かれていた、iPadなどのアメリカでの満足度調査のコラムを読んで、一体、何を言いたいんだか、全く分りませんでした。

 それは、米国の研究機関が、読書好きな人をターゲットに、iPad・キンドルなどの電子ブックリーダー、パソコン、紙の書籍の3種類を読み、それぞれの満足度を7点満点で評価するというものでした。

 iPadなどでは、読むスピードが10%落ちるのだそうで、それをじっくり読むようになったという評価をしていて、??という気になりました。

 驚いたのは、満足度評価で、

 iPad・キンドル 2
 パソコン 3強
 書籍 5強

 という結果なのに、iPad・キンドルの満足度が高いと書いてあったことです。

 誰が書いたんだ! と言いたくなりました。

 私の見間違え読み間違えなのでしょうか?
電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?
インプレスジャパン
田代真人

ユーザレビュー:
具体的な数字を挙げて ...
地に足のついたビジネ ...
現在の状況を知りたい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






読書ペン(オーディオブック)シリーズ第一弾 「名作ふたたび」
株式会社エヌ・エル・シー コーポレーション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


【5個まで送料1個♪740円】反射ミラーとLEDでとにかく明るい♪『5個まで送料1個分!』50%OFF!レビュー特価740円!LEDマイクロランタン【スポーツ・アウトドア】【同梱】
スマイルプライス
赤字覚悟の限界ギリギリ価格! 今ならレビューを書いてくれたお客様に 500円割引いたします! ▲▼特

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 言葉で遊ぶだけでは仕方がないとも思う。
ダンダン
2010/07/07 13:18
ダンダンさん、はじめまして。
よく意味が分らないのですが、実際に、電子ブックを作らないといけない?
実際電子書籍端末を利用しないといけない?
どういう意味なんでしょうね。
やる前に(やってからでも)調べるのは当然だと思うのですが??
風来末
2010/07/07 13:31
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
電子書籍元年 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる