共産主義国ベトナムで強まる「反中」の気運

 「クーリエ・ジャポン 9月号」(講談社 刊)は、特集で、”「鉄道」でわかる世界情勢”という事を取り上げており、日本を始めとする各国の鉄道建設事業獲得競争の現状を書いていました。

 また、各国の鉄道自体の特殊性というか歴史性・文化もかいており、こちらは、なかなか面白いものでした。

 へ~と思ったのが、”共産主義国ベトナムで強まる「反中」の気運”ということで、同じ共産党の一党独裁政権国家ながら、今、ベトナムは、東シナ海の中国の進出など、中国に対する反発が強くなっているんだとか、特に、ベトナム軍の中に、中国に対する反感を持つ人が増えているということで、さかんに、海軍を増強している中国の海洋覇権への恐れを感じているのが分ります。

 昨日は、ベトナムの刺繍などを取り上げたNHKの美の壺を見ていたので、如何に中国文化が流れ込み、それをベトナム独自の文化に昇華していったかが分ったので、ベトナムって、何か中国の文化に対する取り入れ方が、日本に似ているなぁという気がしていました。

 でも、中国と陸続きであり、海も同じとあれば、強大国家である中国を気にするのは普通なんでしょう。

 もう少し、中国も、近隣諸国(ほとんど小さい国なんですから)の存在に気を配った方がいいような気がしますね。


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 09月号 [雑誌]
講談社
2010-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 09月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック