西部邁ゼミナール

 たまたまテレビをまわしていたら、西部邁とゲスト2人がしゃべっているのをやっていました。何を言っているのかと思ったら、日本の核武装を進めようと言う意見で盛り上がっていて、何やら知らないアメリカ人が、核でやられたのは日本だけなんだから、日本は核武装する権利を持っているのになぜんしないんだ、と言っているという話を紹介しながら、そうだそうだという話のようでした。

 この番組、初めてなんで、何だろうと思っていたら、「西部邁ゼミナール」という番組で、”~戦後タブーをけっとばせ~ ”というサブタイトルがついているものでした。

 それにしても酷いもので、核武装は戦後のタブーではなく、一般市民に多大な被害を及ぼす兵器として、核武装はやらないと決めたのではないでしょうか?

 唯一の被爆国だから、その悲惨さを身をもって世界に発信し、武器としての核をなくそうというのが根本的な考え方で、タブーであるとかという問題ではないと思いますがね。

 訳のわからない外国人が、目には目的な単純な考えで核武装を擁護しているのを見つけてきて、これも訳のわからない西部邁が自説を語って悦に入っているという、変な番組ですね。

 Tokyo MXって東京都のやっているテレビ局(?)何でしたか? あまり見ないので、分らないのですが、確か、都議会の放送や都知事の会見を放送をやっていたと思いましたので、何らか東京都と関係があるんでしょうか?

 日高レポートもこのテレビ局でしたかね。

 どうして、こうも好戦的な番組を作るんでしょうか?

 西部にいたっては、徴兵制を唱えるありさまで、お隣韓国でも徴兵制の問題が出ているし、アメリカだって、何処の国だって、なくなっていくんじゃないでしょうかね。

 徴兵制で何をしようというんでしょうか?

 人間を、そういったものでしか縛ったり、統一できないと思っている支配思想の権化としか見えないですね。

 北朝鮮のように、国民の幸福より軍事体制でマスゲームで統一した国がお望みなんでしょうか?

 大衆は、誰かが統制支配しなければならないと考えているのでしょうね、西部は。

 危険な発想ですね。

 そもそも、平和を軍事衝突のない世の中としか考えられないので、平和の中にある戦争で、傷つき、死んでいく人たちがいるという、戦時であるという事が分らないのでしょうね。

 身近に起こっている戦争が見えないのでしょう。

 軍事衝突がお好きなら、傭兵として、どこかで戦っていればいいんでしょうに。

 あほみたいに、国民すべてを、軍事に駆り立てるようなことばっかり言っていてはいけないでしょう。



六〇年安保—センチメンタル・ジャーニー (洋泉社MC新書)
洋泉社
西部 邁

ユーザレビュー:
BGMは森田童子で決 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 六〇年安保—センチメンタル・ジャーニー (洋泉社MC新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

歴史の発見 (アンソロジー新世界の挑戦)
岩波書店
ラスカサス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歴史の発見 (アンソロジー新世界の挑戦) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

14歳からの戦争論 (ジョルダンブックス)
ジョルダン
西部 邁

ユーザレビュー:
私も騙され、裏切られ ...
平和を希求し、戦争を ...
絶対に自分の子供には ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 14歳からの戦争論 (ジョルダンブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック