政治は妥協のアート?

 「週刊朝日 2010年8月6日号」(朝日新聞出版 刊)に、インタビュー記事が載っていました。

仙谷由人官房長官が思わず漏らした 菅内閣生き残りの秘策 「政治は妥協のアートである」"

というもので、読んでみたら、何なのだろうこの人は? と思ってしまいました。

 「政治は妥協のアートである」なんて、よく言うわ、ですね。

 根本的な政治信条を曲げるのは妥協といわないですね、それは、敗北ですね。

 敗北したのに、敗北と認めない傲慢さがにじみ出ていて、同年代としては、???の連続の人でした。

 菅総理は、理工系出身だからITに強いとか、子供から発生したような携帯メールはしないんじゃないですか、など、これでは、いくらなんでも言う事が恥ずかしくありませんかね。

 この程度の時代認識も、市民生活の実態も知らない人が、政治家でいいんでしょうか?

 詭弁だけは得意なんでしょうか。

この記事へのトラックバック