電子書籍の基本からカラクリまでわかる本

 「電子書籍の基本からカラクリまでわかる本」(洋泉社 刊)は、乱立する電子書籍の現状を、全体的に理解するのにいいのではないかと思いました、。

 携帯電話、スマートフォン、電子ブックリーダー、タッチパッドコンピュータなどといった電子ブック端末という装置の問題、また、表示されるデータ(本)のデジタルフォーマットの問題、データの制作・流通の問題と多角的に問題点と現状を洗い出していました。

 W3Cで規格化されるePUBフォーマットに、現在、日本語用の縦組みやルビなどの仕様拡張を提起しているということが書いてあり、あれ、そんなこともまだだったのかと、いささか驚いてしまいました。

 つぃ最近、テレビ朝日の朝の番組で、iPadをぶら下げて街に出て、レポーターが使用感などを放送するのを見ていましたが、一時期の無線電話のように、肩からぶら下げて歩く姿は、とてもではないですが、あんなもの持ち歩けるかという気になってしまいます。

 今のiPadの機能ならば、携帯電話の方がましですし、体の小さな日本人が、読書のために、iPadを持ち運ぶことはないような気がしました。

 安価で、軽量で見やすい読書ブック専用端末と、大きくてもiPhohe程度の携帯電話・スマートフォンに二極化し、iPadのようなものは、ノートブックなどといったコンピュータの進化に吸収されるような気がします。

 キンドル、Readerなどの電子ペーパーを使った薄くて持ち運びができ、失くしても、そんなに負担にならない程度に進化する様な気がします。

scriptorwareというところで、電子書籍変換サービスを行っていました。ベータ版という事で、無償で変換を行ってくれるようです。

 残念なことに、変換には2~3日かかるようで、送ってから、ダウンロードボタンを押したら、送ったものが返ってきたので、お菓子おかしいと思い、よく見たら、リアルタイムではありませんでした。

 変換できるドキュメントは、ODF形式という事で、OpenOfficeやMicrosoftWordなどがOKのようです。

 「iPad, iPhone(Lexcycle Stanza, EPUBReader, Adobe Digital Edition, Reader Library」などのリーダーで読めるようですが。


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)
洋泉社

ユーザレビュー:
電子書籍は必ずしも音 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






BUFFALO iPad用 ハードケース 液晶保護フィルム付 クリア BSIPD03CHCR
バッファローコクヨサプライ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?
インプレスジャパン
田代真人

ユーザレビュー:
具体的な数字を挙げて ...
地に足のついたビジネ ...
現在の状況を知りたい ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック