遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョブスの絶頂

<<   作成日時 : 2010/07/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「Newsweek 2010年7月28日号」(阪急コミュニケーションズ 刊)は、「Appleの死角」と題した特集を組んでいました。

 もちろんのことiPhone4の電波の受信感度の問題を取り上げています。

 そこに現れる、ジョブスの、欠陥を欠陥と認めない態度という、ジョブスの神経症的な振舞いを批判しています。

 製品から人事まで、潔癖症と思われるような原理主義は、一体何故なんでしょう。

 かつて、マイクロソフトを帝国扱いにし、アップルが帝国を破壊していくという明確な批判精神は、多くのアップルファンを増やしたし、また、スマートで、一貫した操作方法を踏襲させるアプリケーション作成は、機械そしてアプリケーションソフトと一体の美を醸し出し、多くの人を魅了してきたのではないでしょうか?

 私も、仕事の都合で、Windows開発になってしまいましたが、つぃ最近までは、アップルそしてジョブスを好ましいものとして考えていました。

 ところが、日本での開発者会議を閉鎖したころから、なんとなく違和感が出てきていました。

 iPod, iPhone, iPadと、破竹の勢いで携帯デバイスの分野に新風を送りだし、ついに、売り上げはマイクロソフトを抜くんだとか、抜かないんだとかという巨大企業になってしまいました。

 今回のiPhone4の問題でも、アップルは悪くないし、使い方の問題であるとしている態度は、すでに、ユーザーをユーザーとみなせなくなってしまった驕り以外の何物でもないような気がします。

 アップル帝国は誰も望んでいないはずです。

 ジョブスが強制する美意識を考えると、「美は強制するものではなく、感動するもの」ではないかという気がして仕方ありません。

 ジョブスの引退の時期なのかもしれませんね。残念ですが。



アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)
ソフトバンククリエイティブ
小川 浩

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

スティーブジョブスがスタンフォードでスピーチしたポジティブワード!★メンズセレクト★
ストックスアットマーク
Stay Hungry. Stay Foolish. Apple社創設者であり、本当の意味のカリスマ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
ジョブスの絶頂 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる