Win64 API

 Windows7をメインの開発用のコンピュータにしてから、32ビットと64ビットの開発方法が混乱して、これまで使用していたWin32APIは一体どうなるのかと、もやもやしていました。

 とくに問題が起きたのが、USBのポートをアクセスする部分のAPIで、32ビット環境で動かすとOKなのに、64ビット環境で動かすと、あれまぁ、USBを挿しているのに、ないというリターン値になってしまいます。

 第一の問題は、CPUをANYでコンパイルしていたためと分り、X86としたので解決したのですが、エラーとなるのは、USBを見に行く部分のロジックのところ、それも、あるAPIを呼んだ時のことで、どうも、引き渡す構造体の設定がおかしい(64ビットなのだからサイズが変る)?

 だけど、こういった場合に、64ビットで、どうやってWin32APIを呼ぶのか、それともWin64APIなるものがあるのかと思ったのですが、どう調べても、よくわかりません。

 確か、以前、本屋さんで、「64ビットAPI++++++」とかいう本を見たような記憶がったのですが、書籍名も著者も、覚えていないので、困っていました。

 ひょんなことで、書泉グランデにいたので、そういえば、64ビットと思いながら書棚を見ていたら、遂に発見しました。

 「Win64 API システムプログラミング」(北山 洋幸 著/カットシステム 刊)という本です。

 これこれ、赤い、この本だという事で早速購入。

 よくよく著者を見たら、「Win32APIシステムプログラミング」を書いていた人ではないですか。

 今度の本は、その本の倍の厚さはありそうで、力が入っているなぁと感心しました。

 今、少しづつ読み始めました。

 それにしても、64ビットに焦点を合わせた本って、変数型の説明は、どこかで見たり読んだりした記憶がありますが、纏まったものってないんですね、

 探し方が悪いのか、この本しか見つからないですね。

 いや、他はなくても、著者の本で十分だと思っていますが。


Win64APIシステムプログラミング―64ビット徹底活用
カットシステム
北山 洋幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






アイ・オー・データ機器 Windows 7 SensorAPI準拠ユニット「WinSensor」 SENSOR-HM/ECO
アイ・オー・データ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

Win32 APIオフィシャルリファレンス改訂3版 グラフィック/GUI編 Ascii books
アスキー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック