遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS からだにおいしい魚の便利帳

<<   作成日時 : 2010/07/14 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、東京駅で人に会うこととなり、約束の時間より早めに着いて、久しぶりに八重洲ブックセンターに行きました。

 入口の所で、Victorの限定5台という販売の音響システムを販売しており、少し聞いていると、確かに良さそうな音をしていました。係の人に、どうですか、と声をかけられたのを合図に、店内に入って行きました。

 入ってすぐのところで、「からだにおいしい魚の便利帳」(高橋書店 刊)という本が陳列されていて、表紙の魚のイラストが綺麗だったので、ついつい見てしまいました。

 『魚をもっとおいしく食べるコツがわかる』と副題に書いてあったので、どれどれと思い、読んで行きましたが、まず、アジ、のところで、”くろアジ”、”きアジ”という沖合回遊魚と居着きのあじの違いが書いてあり、きアジの方がおいしいのだそうです。

 それで、あれっと思ったのが、アジの輸入魚の話が書いてあり、何、輸入しているあじって種類が違うんだと、初めて知りました。迂闊でした。シマアジとかとかといえば種類は違ってもいいのですが、てっきりまアジだと思っていたオランダやニュージーランドなどの輸入品は、違うものなんですね。

 スーパーでは、アジの干物を見れば、原産地が書いてあるのですが、魚名はアジではないんですね。ニシマアジなんて言うんですか。

 やはり、よく調べないと、シシャモではないですが、輸入品は、本当の魚名が分らないですね。

 アジのページには、三枚おろしのさばき方があったので、捌き方が違えば、他の魚にも出てくるのかと思ったら、次のアナゴでは出ていませんでした。でも、イワシでは出ていました。

 捌きかたに関しては、そんなに詳しくは書いて内容でしたが、焼き方とか保存方法とかは、割とよく書いてあって、そうなんだと思います。

 カツヲは、やはり新鮮だと血なまぐさはないんだそうです。本当?

 こういう本は、見ていて厭きないでいいですね。


からだにおいしい魚の便利帳
高橋書店
藤原昌高(ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 主宰)

ユーザレビュー:
みていて幸せになれま ...
お買い得の一冊だと思 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
からだにおいしい魚の便利帳 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる