遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS [ウソみたいな本当の話」募集

<<   作成日時 : 2010/06/14 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝日新聞の朝刊の文化欄に、”「ウソみたいな本当の話」募集”という記事が載っていました。何なんだろうと思って読んでみました。

 週刊のWebマガジンに「マトグロッソ」(イーストプレス 刊)というのがあり、そこで、アメリカの作家ポール・オースターが手掛けた実話集「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」の日本語版のような企画がスタートしたという記事でした。

 内田 樹さんと高橋 源一郎さんが応募作品を紹介するというものでした。

 ポール・オースターという人も知らなかったし、「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」も知らなかったのですが、何でも、アメリカのラジオ番組の企画で、1999〜2001年にかけて、事実に基づくショートストーリーの募集を行い、4000通にも及ぶ投稿作品から、約180話を選んで著書に収めたのだそうです。

 色々な「作り話のように聞こえる実話」が集まり、著者は、「アメリカが物語を語るのが私に聞こえた」と言ったとか。

 イーストプレスと言うと、どこかで聞いたような出版社だなぁと思ったら、ゴング格闘技を出している出版社ではないですか。

 WEBマガジンを創刊し、みたら結構文芸路線ではないですか、へぇ〜、と思ってしまいました。

 先日も、Yahooのトップページで、電子本のランキングのバナーがあったので、どんなんものかと、1位になった人の、セレブな奥様が、ひょんなことから、浮気をしているかのように見えてしまう日記をソファーに忘れて出かけたため、帰ってきた夫が(大富豪の息子)怒り、離婚させられてしまうという話が載っていて、これが1位かと思ってしまいましたが、携帯小説(携帯を持っていないので読んだことがないのですが)の流れなのかなぁという気になりました。

 どうも54ページ程のものでしたが、終わったんだ終わっていないんだか、話が完結していないので、別なサイトに移動してYahooに戻ったら、そのバナーが別のに変っていて、それきりになってしまいました。

 というように、最近、電子本と言われるものが多くなってきたのを実感します。それも、何だかよくわからないなぁというのが現実ですが。

 そんな中、この日本語版「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」は、事実に基づいているので、ある意味では、面白いかもしれませんね。

 今日、載っているのを読みましたが、それほど驚くようなものはなかったのですが。

 ”おもしろい”というのは、事実を基にした場合、経験の上という事なので、難しいですね。

 でも、挑戦するかいがあるかもしれないですね。



嘘は恋の始まり (ハーレクイン・クラシックス)
ハーレクイン
ジェシカ スティール

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
[ウソみたいな本当の話」募集 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる