遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 現代のスピリチュアリズム

<<   作成日時 : 2010/06/08 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「ルポ 現代のスピリチュアリズム」(織田 淳太郎 著/宝島社 刊)の表紙を見て。またスピリチュアルかとは思いながら、嫌いではないので、つい読んでしまいました。

 目次は、以下のようになっています。

第1章 「世間」と超常なる世界の対峙(「ユリ・ゲラ−」と動いた腕時計の秒針;「超能力少年」清田益章氏の回想 ほか)
第2章 スピリチュアルセミナ−潜入記(日本最大のスピリチュアルセミナ−;「特別顧問」は鳩山総理大臣 ほか)
第3章 虚栄とエゴイズム(ある女性霊能者のことば;私に「2体の霊」が憑依していた ほか)
第4章 「本当の自分」との出会い(大蔵省キャリア官僚から「意外すぎる転身」;『アウト・オン・ア・リム』翻訳とサン・ジェルマン伯爵 ほか)
第5章 幸福を求める旅路(「悪魔とその友人」の逸話;「ダスカロスの会」とのすれ違い ほか


 清田益章さんが脱超能力を宣言するきっかけの一つとして、離婚するということで精神的に披露していた時に、テレビ出演の依頼があったが、超能力を試すことなどできない状態だったので、出演を断ったそうなのですが、そういう実演はしない、単に話だけですということで出演したのですが、結局、番組中にスプーン曲げをやらせるような段取りになっていたということと、その番組で、以前、すでに大月教授とは顔見知りになっていて、教授の目の前でスプーン曲げをやったことがあるにもかかわらず、教授が初めてお会いすると言ったなど、完全に裏切られたと思ったということが挙げられていました。

 スプーン曲げなど、今でもできるが、そういったことはどうっていうことはないということが分ったのだそうです。この話は、以前、どこかで聞いたような気がしたので、それはそうですねぇ〜と思いました。

 次のスピリチュアルセミナ−潜入記が面白く、かつて放射線医学総合研究所の研究室長を務めたことのある、山本幹男さんが理事長をしているNPO法人 国際総合研究機構の関連団体である国際生命科学会が主催するセミナーに参加したときのレポートがされています。

 ヘミシンク(イギリスの超心理学者で変性意識・体外離脱を研究していたロバート・モンローなる人が提唱する、左右の耳に若干周波数の異なる音を聞かせて、脳内で音のうねりを発生させることで変性意識状態にさせ、超能力などを引き起こすという手法)ということをセミナーに参加した車いすの男性が、セミナー受講後、車いすを使わないでよくなったのだとか。ほ〜。

 あるいは、別な受講者に聞くと、意識が軽くなって、上に登っていくような気がしたとか、何らかの変化を感じる人がいつようでした。

 そういえば、私も、何か、この手の物を買って試したような気がしますが、速超をはじめとして、何の変化も感じられなかったですね。残念なことに。あの機械類はどこに行ってしまったのか!

 このセミナーの話で、へぇ〜と思ったのが、鳩山前総理大臣や鳩山夫人(前回:鳩山 幸(ライフコーディネーター、元 宝塚スター、民主党代表 鳩山由紀夫夫人)  今は今 U)の名前も出ていて、やはり、こういったことに興味があったんだと分ったことでした。

 読んでいてよくわからなかったのが、この機構に、補助金?が出されているとか? 本当って思ってしまいました。

 何か、超能力と死後の存在を研究しているらしいのですが。

 最終的には、本当の自分と出会うということらしいですが、どうも、本当の自分って何? と思ってしまいますね。

ルポ 現代のスピリチュアリズム (宝島社新書 310)
宝島社
織田 淳太郎

ユーザレビュー:
物足りない参考文献の ...
現代社会のスピリチュ ...
スピリチュアリズム現 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
現代のスピリチュアリズム 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる