アートコーポレーション会長が

 引越しのアートコーポレーションの寺田会長が「東京都青少年健全育成条例違反で書類送検」されたというニュースが流れたので、会社のホームページを見たら、「当社代表取締役会長に関する一連の報道について」という文章がPDFでアップされていました。

 「東京都青少年健全育成条例違反で書類送検」されたことは書いてありましたが、何をしてとか理由が書いてありません。民事訴訟されているとか、刑事告訴しているとかも書いてありましたが、詳細が書いてないのでさっぱりわかりません。

 ニュースには、16歳の少女と淫行を行ったということらしいのですが、全体のいきさつが分りませんので、しょうがないやつだなぁと思っていました。先ほど、コンビニで、週刊新潮と週刊文春を見てきたら、両誌に、もう取り上げられていました。

 あるプロダクション事務所から、まぁ芸能界への斡旋をお願いされた少女が16歳で、問題となった淫行の件は、その少女に対して行われたのだそうで、まぁ、それの口封じでお金を渡していたが、その事務所から少女が芸能界へ出れないということで、損害賠償請求をされているのだそうです。

 しかし、その少女を淫行したことで、その事務所の社長がつかまっているんだとか?

 そして、その事務所から、その問題を引きついだ会社が、今度は、寺田会長が手をまわしたとみられる暴力団から脅かされているのだそうです。

 会長曰く、16歳の少女とは、そういう場面になったが、最後まで行っていないし、暴力団に手をまわしていない、ということでした。

 しかし、18歳のドイツ人の女性とは、”合意”で、2か月の間に8回会い、そういう関係をもったんだそうです。そして、その子が学校へ行きたいということで、数百万円もお金を渡したということは認めていました。

 いやはや驚いてしまいました。

 人間的と見るのか、社会の顔と素の顔では違うもんだと見るのか、社会的地位と個人資質とは異なるもんだと見るべきか、困ってしまいますね。

 2万7千人も会員がいたというデリバリーヘルスが摘発されたというニュースもあり、そこなしの欲望を憂えるのか、それが人間さと、割り切るのか、本当に、なんて言ったらいいんでしょうかね。

この記事へのトラックバック