iPad販売日確定

 ”「iPad」の国内発売日が5月28日に決定”というニュースが流れていました。米国では、28日間で100万代売れたとのことでした。そのため、米国外の販売がずれたのでしたが、iPhoneを上回る好調な販売らしいのですが?

 そもそも、電子ブックリーダーとしては中途半端であり、ノートブックというには使えないし、この販売がどこまでのカーブで終息するかは見ものですね。

 どう考えても中途半端なので、電子ブックの一つの方向性と流れを付けるには、このような登場もなければならないという意味では、エポックメーキングなことだと思います。

 しかし、まだまだ発展途中のデバイスであり、コンテンツの流通など多くの問題と整理統合された環境の創出が求められているわけですから、iPadがどこまで、伸ばせるかは、まさか、一社独占ということを妄想しているわけではないでしょうから、大いに興味があるといえます。

 漢字圏では、やはり、文字書き入力というものが、必要であり、日本のメーカーもこの流れを利用して、漢字圏で使用する電子ブックリーダー・ノートの開発を進めてもらいたいものです。

 どうも、アップルのハード・ソフトの囲い込みというやり方は、一定の規模以上には広がらないような気がします。

 この世界で、どこがWindowsのような地位となるかはわかりませんが、本当の意味での人類貢献となるためには、オープンな姿勢が必要ではないかと感じています。

 まぁ、私は、携帯も持っていないし、買わないでしょうが。

*2010/5/8

 何でも販売は、ソフトバンクで、4万8960円からのようです。



電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
佐々木 俊尚

ユーザレビュー:
タイムリーに出た警世 ...
日本の本の流通から電 ...
気鋭のジャーナリスト ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

OverLay Plus for iPad 低反射タイプ液晶保護シート OLIPAD
ミヤビックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

OverLay Brilliant for iPad 高光沢液晶保護シート OBIPAD
ミヤビックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック