鳩山氏は官僚に勝つつもりなどなかった

週刊金曜日 2010年5月28日号」(金曜日 刊)の”「辺野古回帰」は官僚の筋書き通りだ - 渡辺 豪”の特集のページに囲みで、『元駐レバノン特命全権大使/作家 天木直人さんに聞く 鳩山氏は官僚に勝つつもりなどなかった 』という文が掲載されていました。

 岡田外務大臣、北澤防衛大臣を任命したところで、もう鳩山首相は、官僚に勝つ気はないということが分ったとのことでした。実務者レベルで事に当たるような代物ではないということが鳩山さんにはわからず、その時点で、まさに、官僚が敷いてきたレールを走るということしかない、つまり、官僚に勝つ気などさらさらなかったのだと言うことでした。

 え~と、この二人がダメだとしたら、やはり、鳩山さんは、官僚を甘く見ていたんでしょうかね。

 天木 直人さんは、「さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない」(天木 直人 著/講談社 刊)、という本も書いていて、小泉政権時代の取りきめた”普天間基地騒動の裏で大手メディアが決して書かないタブーがある”と言っていました。

 天木 直人さんのブログを見ると、”自民党政権の最後の段階で結ばれたいわゆる在沖縄米海兵隊のグアム移転に関する協定(グアム移転協定)のこと”に関して、どさくさまぎれの小泉政権の唖然とした米国追従の国民を騙したいきさつが書いてありました。

 これを読めば、すべての海兵隊をグアムに移転しないならば、グアム移転費用など一切負担しないと、強く言うべきだと思ってしまいます。

 「憚りながら」でも言っているではないですか、逃げたらダメになるって。

 アメリカが米軍の世界的な再編を行うのは米軍のことであり、何で日本がお金を負担しなくてはいけないのか分りませんね。

 移転費を負担するなら、普天間の海兵隊は、すべてグアムに移転ですね。

 すこしは、戦え、っと言いたくなりますね。
さらば外務省!―私は小泉首相と売国官僚を許さない
講談社
天木 直人

ユーザレビュー:
外務官僚 著者を非難 ...
こんなにひどいのかと ...
飲み屋での上司の悪口 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






公務員制度改革が日本を変える (家族で読める family book series 008) (家族で読めるfamily book series)
飛鳥新社
渡辺 喜美

ユーザレビュー:
公務員制度改革の入門 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック