遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字検定のアホらしさ

<<   作成日時 : 2010/05/28 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「お言葉ですが…〈別巻3〉漢字検定のアホらしさ」(高島 俊男 著/連合出版 刊)という本が、盲の方に漢字を教えるという本”「口で言えれば漢字は書ける! 盲学校から発信した漢字学習法」(道村 静江 著/小学館 刊)の隣にあり、なにかなぁと思って取り出して読んでみました。

 題名となっている『漢字検定のアホらしさ』は最初の小のタイトルなので、読みとおしてみました。漢字検定がこんなもんだとは初めて知りました。

 何でも1級から10級までなのですが、12級あるとのこと、何故なら、準1級と準2級があるからです。ここいらから怪しいですね。

 この章で著者が取り上げているアホさ加減は、漢字検定なるものが、単なるパズルでしかなく、こんな使い方などしないという漢字を、その文が使われる状況を無視して作り上げられていて、これでは、”文章の中で適切に漢字を使えるように”などというのに反することしかできないということを言っています。

 例えば、埴生の宿の使用例で、「旅先のはにゅうの宿」というような問題があり、みすぼらしい旅館と言いたいのかと言っていましたね。「みすぼらしい我が家」ということなので、問題のような使用例はないということでした。

 ことほど、実際に使用するということを度外視したパズルをやって、正しい文章の書き方など出来るばかりか、逆でしょうという著者の怒りが聞こえてきます。

 そもそも、多くの検定試験なる物に違和感を覚えているので、検定なるものを信用していないのですが、何で、こんなものが流行るんでしょうかね。

 例えば、国が関与するものでは情報処理試験など、また社団法人が関与するものではDTP検定など、この手の合格者が名刺に、誇らしげに書いてあると、こちらが恥ずかしくなってしまいます。

 そんな風にしか検定試験などを思っていなかったのですが、この漢字検定では、問題自体が問題である、つまり間違った用例で作られているということを知り、呆れてしまいました。

 何で、こんないい加減なものに、国は助成をしていたんでしょうかね。

 少なくとも、著者のような人を入れた問題吟味委員会を作って、きちっと見直す必要があるんではないでしょうか?

 ”「馮」姓漫談”という章では、名前に付けられた場合には、”ふう”と読むのに、”ひょう”としている辞書があるという話でした。私は、”ふう”と読むということを知らなかったので、こんな問題があるというのには驚きました。憑依(ひょうい)のひょうとは、心がないので違うのですが、読み方は”ひょう”かと思っていました。

 中国では、名前に用いる場合と孫谷用いる場合とでは、読み方が異なる感じがあるんですね。初めて知りました。

 ”両雄倶には立たず ”では、ユリイカの1月号の白川静特集へ寄稿依頼があった件のことを書いていました。

 白川静と藤堂明保との衝突について知らなかったのですが、書くということになり、白川静の「漢字」が出た時の両者の言い分を、両方の見解を紹介するというような形で述べていました。

 二人の寄って立つ基本が、一方は字形には大きな意味がないということを思い、一方は字形にこそ意味があるということで、もともとがかみ合っていないということを言っているようでした。著者は、藤堂明保に師事した東大中国文学出身であり、どちらかと言えば藤堂明保に近い考えかと思いますが、この章では、なるべく公平に各々の論点を紹介していました。

 でも、さすがに、あとがきでは、白川静の言い分のレベルは低いと書いてありました。極力公平に取り上げたのだそうです。

 ここが、ちょっと気にくわなかったですね。どこがどうレベルが低いのか、どうして藤堂明保の言語論の方が正しくて、白川静の論が、単なるあてずっぽうの、なんとでも言える物の世界だということなのか、きちんと言うべきでしょうね。

 どうも、藤堂明保さんたちの系譜は、鼻から無視するという態度がよくないと思いますね。

 本当に、東大中国文学は、そんなに優秀なのって思ってしまいますね。

 とはいえ、著者の歯切れのいい言い方には小気味よさが感じられ、全体としては面白い本だなぁという気がしました。

 著者の略歴を見たら、白川静を正当に評価できる(反証という意味でも)人のような気がして、もったいないなぁと思いました。
お言葉ですが…〈別巻3〉漢字検定のアホらしさ
連合出版
高島 俊男

ユーザレビュー:
漢字検定のいかがわし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
漢字検定のアホらしさ 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる