遍照金剛

アクセスカウンタ

zoom RSS iPad販売開始

<<   作成日時 : 2010/05/28 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 iPadが販売開始(2010/5/28)されたそうで、銀座のアップルストアには、1200人の行列ができたのだそうです。

 どうも、この大きなiPhoneのようなものに、あまり興味がわきません。電子ブックリーダーとしては厚すぎるし、ノートブックとしては普通のアプリケーションが動かないし、携帯電話としては大きすぎるし、どれもが中途半端で、???としか言いようがないですね。

 携帯電話も持つのは嫌ですし、基本的に、日常の移動時に荷物を持つのは嫌いなので、こんな大きなものを持つことはあり得ません。仕事で、お客さんにデモやプレゼンをするには、Windows系が動かなくては意味がなく、その場合には、ノートブックで用が足りますので。

 どなたかが言っていましたが、非オープンのOS,コンテンツ販売にアップルの不透明な検査がいるなど、かつて、Windowsを批判していたアップルの姿は、どこに消えたのでしょうか?

 何でも、総資産がマイクロソフトを抜いたとか、これでは、アップルが単なる収益マシーンになっただけではないでしょうか。

 私には、Phone, iPadの好調さは、アップルの堕落としか思えないですね。

 オープンでないものは、いずれ滅びるという気が仕方ありません。

 ”驕れるもの久しからず”でなければいいのですが。

 まぁ、このことは差し置いて、電子ブックリーダーとしては、私のほしい姿(紙のように曲げられ、薄く、書き込める)とは程遠いので、第2世代ぐらいでしかないとは思うのですが、次の世代で、どこまで進化するか見ものですね。

 何かを作るということを考えた時、タッチスクリーンで出来るんでしょうか?

 ブラウズに主眼があるのならば、とりあえず今のコンピュータで間にあっているように思えますね。

 どう考えても、端末を製造販売する側が、コンテンツの製造販売に技術的にも契約上でも、制限をかける権限を行使するのは、絶対に良くないことだという気がします。

 アップルの絶頂期を見てしまいましたかね。
iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
エンターブレイン
西田 宗千佳

ユーザレビュー:
見る目が変わりました ...
電子書籍「ビジネス」 ...
大差ない内容 「電子 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る






iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネス
日経BP社
林 信行

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
SHARPER IMAGE イオニックブリーズMIDI レッド
iPad販売開始 遍照金剛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる