熱海岡本ホテル事件

 もう何年前でしょうか、「岡本倶楽部」なるところからパンフレットが送られてきて、何百万か単位でお金を預けるとホテルなどが利用できる権利と数年後に、利用権を使用しなかった場合には、買い戻してくれて、元本と合わせると結構いい感じの利殖になるという内容でした。

 熱海岡本ホテルか、と思い、すでに、あの岡本ホテルなら大丈夫だろうと思ってしまっていました。すると、数日後の日曜日に、「岡本倶楽部」を名乗るところの女性から電話があり、クラブの説明を始めました。勧誘ですね。

 パンフレットは見ていたし、岡本ホテルとあったので信用していましたが、何せ、そんなまとまったお金はありませんから、今は無理なので、ちょっと様子を見て見ますよ、ということで電話を切りました。

 そして、確か、一年後ぐらいに、今度は「岡本ホテルシステムズ」なるところからパンフレットが送られてきました。あれ、これ岡本ホテルのやつじゃないかと思っていました。すると、数日後、そこから電話があり、勧誘です。実は、こういうことですでにお断りしているんですよといことで、終わりました。

 でも、その時は、全く疑っていなかったですね。

 そうして1月ほどした後、以前の女性から電話があり、1年ほど経ちましたがいかがですかということでしたので、やはり、まだですねぇ~とい言って終わりにしたのですが、最後に、そういえば、こんなところからパンフレットと電話があったよと言うと、何か、急に不機嫌な声を出して、私のお客さんなんだからみたいなことを言い出して、電話が切られました。

 何だかよくわからないなぁ、同じものなのに、何で2か所から勧誘が来るんだろう? という気でしたが、それ以降は、何もなかったので、ほとんど忘れていました。

 それが、つい最近、暴力団がらみの違法投資・出資法違反容疑ということで、大々的に報道され、あれれ、あの「岡本倶楽部」じゃないかとびっくりしました。

 少し調べたら、私が岡本ホテルならと思っていた岡本ホテルではなくなっていたんですね。

 バブル崩壊後に、おかしくなっていたんだということが分り、いやいや、よく調べないで、昔のおぼろげなイメージで判断してはいけないんだなぁという気になりました。

 もしかして、押収されたリストに私の名前も載っているんでしょうかね。

 確か、あのパンフレットは捨ててしまったと思うのですが。

 お金にゆとりのある生活をしていたら手を出していたかもしれません。

 確かに、ちょぴっとくすぐられる内容の話でしたし、電話の応対も、無理やり押し付ける感じでもなかったので。

 あの女性たちはどうなるのか。

この記事へのトラックバック