AMAZONエンジニア積極採用中

 「求む 影で凄いことをするAMAZONのエンジニア」という、いまどき魅力的なバナーを見つけました。どうやらAMAZONが募集しているらしいので、早速、クリックしてみました。

 募集は7種類の職種でされていて、6/12はそのうちの2つ、
  ・データセンターテクニシャン
  ・デベロッパーサポートエンジニア
の説明会が開催されるということでした。

 「デベロッパーサポートエンジニア」をクリックして募集の詳細を見ると、お~、これは駄目だという条件ばかりです。

 「デベロッパーサポートエンジニア(AWS)/ Developer Support Engineer (AWS) 」という名称で、「Amazon Data Services Japan K K」という日本法人が雇用するらしいのですが、まずはじめの募集要項のところでつまずいてしまいました。

”応募の際は、英語のCVをご提出ください。”とありますが、CVって何? どうやら履歴書らしいのですが、履歴書でいいだろうが、と言いたくなった時点で、もう駄目ですね。

 細かな募集要項を見たら、本当に、こんな人間いるの? と思うことしきりでした。

1-以下の技術の経験があること。
 ・ ウェブサービス(REST,SOAP,WSDL,XML)
 ・ システムアドミニストレーション(LinuxまたはWindows)
 ・ ネットワーキング(DNS,TCP/IP,SSL,DHCP,ロードバランシング)
 ・ プログラミング(Java,Perl,Ruby,C#,PHPなど)

2-すぐれたコミュニケション力
3-お客様至上主義であること
4-自発性を持ち、様々なプロジェクトや責任を同時に遂行できること
5-技術に興味があること
6-コンピューターサイエンスの学士または相当の経験があること
7-お客様の担当としての関連職務経歴があれば尚可
8-日本語力必須、ビジネスレベルの英語力(電話会議が出来るレベル)
9-勤務スケジュールがフレキシブルな方希望


 特に、2,3,5,8は程度が分らん、ですね。

 Amazonのどの人を見たら参考になるのか教えてもらいたいもんですね

この記事へのトラックバック