住宅用火災警報器設置状況調査

 「住宅用火災警報器設置状況調査」なる郵便物が来て、5/10~5/23の間に訪問すると書いてありました。

 いくら待っても来ないので、管理人さんに話をしたら、このマンションは、10回以上には設置してあるとのことで、それ以下の階は個人によるのだそうです。

 事務所のマンションは、大家さんが来て設置していきましたが、自宅マンションに関しては、どうするか管理組合の指針がないので、ほったらかしておきましたが、何か、東京消防庁管内の48,000名の一人に選ばれてしまったようです。

 totoや宝くじで選ばれるんだったら大喜びですがね.......。

 ”この調査は東京消防庁から委託を受けたテンブロス株式会社が実施します。 ”と書いてありましたが、最後の日に来る気なんでしょうか?

 設置義務はあるが、罰則はないということ。

 4~5台必要となり、費用も発生するし、本当に、各部屋に付けたら有効なんでしょうかね?

 管理人さんの話では、部屋の中でいくらなっても、結構遮音性がマンションにはあるので、隣近所には聞こえないのでは、鳴ると同時に、隣近所に知らせる方法がなければ、あまり有効ではないということで、そういえばそうだなぁと思っています。

 単に付けるだけでなく通報システムを考えないと、無意味とは言わないが、効果は薄いような気がしてしまいます。

"2010/5/24

 ついにきませんでしたね。

 それなら、むだな手紙をよこすなと思いますね。

 インターネットで回答できるようにしておけばいいんですが、会わないとだめなんでしょうか?



この記事へのトラックバック