FileSystemWatcher パス形式エラー

 InDesignCS5対応すべく、InDesgnCS4 + VisualStudio2080で作成したプロジェクトを、Windows7 Ultimate(64)に持ってきて、VisualStudio2010用プロジェクトに変換し、まずはコンパイル。

 案の定、InDesignのバージョンが違うので、参照エラーが発生。

 InDesignCS5のCOMを参照設定にし、コンパイル、25このエラーが出てきて、メッセージを見ると、PDFを貼り込む際のidCropの定義がないというのがズラーと出てきました。

 まずは、この同じエラーのものをチェックすべくソースで定数値を確認して見ると、PDFCropの値が細分化しているようです。表示された部分だけのレイヤーなのか、すべてのレイヤーなのかの2種類に細分化したようです。

 仕方ないので、メイン画面で、この2つをユーザーが選択できるようにし、その値を見て、プロパティ設定値を変えるようにしました。

 残るのは、LineMesurementUnitというプロパティが、やはり変わっているようで、調べたら、StrokeMesureMentUnitになっていました。

 これを修正すると、コンパイルエラーがなくなりました。

 バージョンが上がるので、バージョンに関係する画面の表示文字列を変更し、いざデバッグ実行。

 ここからはまっています。

 FileSystemWatcherをメイン画面に貼りつけているのですが、なんと、initializecomponentのVisualStudioが自動生成する部分の、fileSystemWatcher.EnableRaisinEvent = true; の行で、ThreadExceptionが発生してしまいます。

 ”パス形式が正しくない”のだそうです。

 いやいや困りました。インターネットを探しても、ぴったりのものがありません。

 NET3.5からNET4.0にしたからなのでしょうか?

 今回は楽勝かと思っていたのですが、簡単に、移植はいかないもんですね。

 さあ、どうしよう。

この記事へのトラックバック