InDesignCS5インストール

 昨日、Windows7 Ultimate(64ビット)に、InDesignCS5DebugBuildをインストールしました。インストールは上手くいったのですが、起動すると、エラーが発生し、プラグインをロードできないメッセージが出て、ついにアプリケーション停止になってしまいました。

画像


 何度やっても同じ、仕方ないので、イベントログを見ると、「sidebysideエラーで、VC90DebugCRT・・・・・」が発見できないとか出てきてしまいます。何々、VC++のデバッグ版ランタイムがないということのようで、mscvrt90d.dllを入れればいいのかと思い、探しましたがなかなか見つからない、結局、別コンピューターにインストールしてあるVisualStudio2008のフォルダーを探して、何とか、デバッグ版を見つけ、それをインデザインのフォルダーにコピーして、再度起動したら、なんと、今度は、バージョンが違うというエラーが出てしまいます。

 え~、と思いながら、インターネットで探しますが、みんな手元にあるものと同じ新しいバージョンのものばかり、しかも、mscvrt90d.dllのみで、mscvrp90d.dll、mscvrm90d.dllとマニフェストファイルがありません。

 ようやく、このマニフェストで、バージョンを古い値に書き換えるという方法を取るしかないということが分り、その部分を書き換えて、今度は、上手くいくだろうと思って、起動をすると、やはりだめでした。

 あ~あ、と思いながら、やはりVisualStudio2008をインストールするしかないかと思い、昨日は終わりにしました。

 今日は、昨日、愚だ具出して寝るのが遅かったので、作業に入れたのが午後遅くなってしまいました。

 InDesignCS5をアンインストールし、VisualStudio2008をインストール。

 続いて、InDesignCS5をインストールし、これでどうだと思いながら、起動すると、あれれ、同じ現象で止まってしまいます。

 なんだよ! と思いながらイベントログを見ると、今度は、mscvrt80d.dllがないという事のようでした。

 何! VisualStudi2005も必要なのか!! と思ったのですが、動かないことには仕方ないので、VisualStudio2005をインストール。これが、途中で、Windows7に合わないというエラーメッセージが出てしまいました。無視してインストール。

 VisualStudio2005インストール後、早速、アップデートという羽目になりました。

 今度こそはと思い、InDesignを起動。

 何やらエラーメッセージが出たのですが、スキップ。

 どうやら、それ以降は何もなく、無事起動できました。

 このコンピュータには、VisualStudio2010だけでと思っていたのに、結局、2005, 2008もインストールする羽目になってしまいました。

 InDesignCS5でCS4で作成したドキュメントをオープンし、ごちょごちょいじくってみましたが、思っていた通り、段落(段落スタイル)に、段抜きと段分割の機能が付いたので、これでようやく、ページ編集が楽になるなぁという気持ちになりました。

 機能的には、この段抜きのほかに、テキスト変更のトラッキングとか、段を跨ぐ段落や段を分割する段落及び段の均衡化という目新しいテキスト編集の機能が見受けられましたが、まだ、どうやって使うかわかりません。

 その他は、インタラクティブ機能や複数人でのWEBを利用したレビュー機能など、組版機能というより、共同作業としてのワークフローの効率を良くする点ということになってしまいますね。

 段抜き見出しが出来たので、すくなくとも囲み罫ぐらいはついでに実装してほしかったですね。

 ともかく、Windows7でInDesignCS5が動いたので、これから開発環境を構築して行くということになります。

 それにしても、旧来のソフト開発の環境とは切り離したかったのですが、無理のようで、残念です。

この記事へのトラックバック