日大 史上最大の個人情報流出事件

 同じく、「週刊ポスト2010/05/21日号」(小学館 刊)に、”日大「史上最大の個人情報流出事件」はなぜ起こったか”という、何! また情報流失か、史上最大って、と思って、この記事も読んでみました。

 例によって、2chanで暴露された情報のようですが、日大職員の不倫相手の写真、それも2人の写真が流失したのだそうです。どうも、個人のパソコンから流失したらしく、よくは2chanの体質というのがよくわからないのですが、この流失した相手の特定があっという間にされてしまったのだそうです。なんでも、ご本人は人事課の職員のようです。

 しかも、1日ほどで、この人の奥さんのホームページなども分ってしまっていたので、それらの写真類が、奥さんに転送されたんだそうです。

 同時に、日大にも、情報が流れ、謝罪会見がされたんだとか。いや、全く知りませんでした。

 何故、日大が謝罪したかというと、流失したパソコンには、日大の職員名簿や、犯罪歴などのデータが入っているUSBメモリーが刺さっており、上の個人情報のほかに、日大の極秘データが入っていたためのようでした。

 何でも、ある講師が破廉恥罪で有罪となり、学校をやめ、お菓子屋さんを開いていたんだそうですが、そこにもいろいろな攻勢があり、店を閉めてしまったのだそうです。

 記事を読んでいると、どうして、こんな写真をわざわざ、分類して保存するのか分りませんね。不倫相手とのメールのやり取りまで流失したみたいで、お子さんもいるらしいですから、どうなるんでしょうか?

 この事件2010/4/26に起こったらしく、「個人情報や不祥事の記録が大量流出!日本大学の対応は」という記事が、4月27日に探偵ファイルニュースウォッチというサイトに、流失した画像の一部とメールの一部つきで掲載されていましたね。

 別な記事を見ると、”住所録数万。
 日本大学人事部のマル秘資料いぱいで、学部内のみの極秘資料もかなりある。
 内部の不正資料満載で公金横領とか誰がいくらやったとか事情聴取の 聴聞記録とか細かく山ほどある ”

のだそうです。

 記者会見の内容はこちらにありました。日大が職員情報流出で緊急会見「業務情報は無断持ち出しだった」

この記事へのトラックバック