希望の国・日本?

 「希望の国・日本」(小林 よしのり 著/飛鳥新社 刊)が、今まで置いてあった「ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論 」のわきに、ずら~と並べられていました。

 どこかで聞いたようなタイトルだと思ったら、かつて経団連の御手洗会長が出した政策ビジョン「希望の国、日本」と瓜二つであるのでした。

 まえがきを読んでみると、自民党でも民主党で支持でもない、とか、多くの政治家と対談し、政治家の思いが詰まっているとか、政治家にも良い人材がいるとか、そりゃぁ、当たり前でしょうと思いながらも、大げさな前振りの「九人の政治家と真剣勝負のインタビュー」ということだったので、手始めに、最初の弁護士から議員になった、いわゆる小泉チルドレンと呼ばれる一人である稲田 朋美さん(残念ながら、私は知らない人なのですが)とのインタビュー記事を読んでみました。

 掲載順序は、インタビュー順序であり、ちなみに、谷垣自民党総裁に派断られたそうですが。
 
 加藤 紘一の話が出てきたところで、加藤先生は、地域社会への貢献とかはよくなさいますが、国がからむと駄目になります、というようなことを稲田議員が言っているのを聞いて、びっくりしました。

 家族、地域、とくれば国家でしょうと言い放ち、まったく国家=家族=天皇という、弁護士でありながら、法というもの国家というものを何も分らずにいるんだと、いやいや、こんな人が議員では困ったものだという気になってしまいました。

 いつの時代の人なんでしょうか?

 こういう風な人によって、徴兵制がひかれ、若者は戦地に送られ、殺人を合法化していくんでしょうね。

 それこそ、与謝野 晶子の爪の垢でも煎じた方がいいような気がします。

 ここまで、読んで、あほらしくてやめてしまいました。

 基本は、自分=家族=村=国家=天皇なんで、それ以外に見えなくなっているという気がします。

 ”希望の国・日本”なんていう大上段に構えるのではなく、今、ここで、生きて苦しんでいる人をどうするかでしょうにね。

 美しい国とか、希望の国とか、言う前にやることはたくさんあるでしょう。

 水木しげるさんではないですが、空々しい、虚勢のおかげでどれだけの人が苦しんだか、子の人たちは、いわば、視野狭窄症としか思えないですね。

共同幻想論 (角川文庫ソフィア)
角川書店
吉本 隆明

ユーザレビュー:
戦後民主主義を考える ...
ルール1 下部構造と ...
共同幻想論は文学だと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



沖縄久米島から日本国家を読み解く
小学館
佐藤 優

ユーザレビュー:
佐藤の南島論.... ...
一つではない沖縄一口 ...
ちょっと視点をずらす ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



希望の国・日本
飛鳥新社
小林 よしのり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのトラックバック