ブラックボックス化

 プリントパック(印刷通販)での従業員の死亡事故の反響を見ていて、「会社の中で人が死のうが関係ないんだ、客は、注文したものがきちんと納期通りにできてくればいいんだ」という人がいたので驚いてしまいました。

 効率の極致を行くとこうなるのかなぁという気にさせられます。

 そのくせ、癒しを要求します。

 本来、会社などの社会的組織は、人間的に社会と交流することに意義があるはずなのに、ブラックボックス化することで、効率を上げ、実は、物の流れ、金の流れしか見ないようになってしまったように思えて仕方ありません。

 ブラックボックスの中での人は、どうでもいいんだという風潮が、もしかしたら、資本主義の根底にあるのか、トヨタをはじめとする効率化の考えにあるのかは分りませんが、プリントパックでの人身事故をはじめ、隠されている社内事故って、かなりあるような気がします。

 私たちは、いつの間にか、そういった痛みを感じないようになってしまったのでしょうか?

 プログラムや機械ではないのですから、組織をブラックボックス化するのは、いい加減やめたいもんですね。

この記事へのトラックバック